タグ: SOHO

HPのパソコン修理で酷い目に

 ちょっと前書いた、壊れたHP製のノートパソコンの話。
 修理に出そうと色々調べていたら、公式サイトの方に不具合時対処法がFAQであって、それらを試してもやっぱり改善せず、やはり修理かと思っていたのですが。どこへ連絡すれば修理できるか、どうしても見つからない。なんだこりゃ?と思って、改めてググってみたら、ようやく見つかった。
 普通にメニューから行くと、ほぼ絶対見つからないようになっている。
(そもそも紙の付属リーフレット類にも記述なし)

 で、概算の修理代表というのがあったのですが、該当のところを見ると、信じられない数字が書いてある。「4万~9万」(はぁ?ふざけんな…)
 そもそも最低額で「3万~」だった。
 これなんと、すべて部品代別。

 追い討ちをかけるように、修理の見積もりだけで4000円、返送料2500円だと。
(たとえ修理中止でもこれだけ掛かる)

 つまり、保障期間が過ぎたら、もう修理に出そうと思うなよ、ということだわ。なんちゅう悪徳メーカーや。ここまで酷い会社があるとは思わなかった。
 一応保証期間の延長契約というのもあるが、それも年に数千~1万前後掛かる。

 ということで捨てる(リサイクル)しかなくなったよ、あ~あ。

 
 ググると、低価格でパソコンをどんな場合でも修理します、というサイトが出てくるが、ここは詐欺みたいだ。いざパソコン送ると色々理由をつけて高額請求がくるらしい。パソコンを人質に取られているから、払ってしまう人が多いんだと。こんな詐欺商法もあるんですね、皆様ご注意を。

 
 やはりノートパソコンは壊れやすいから高額なのは止めたほうがいいですね。今回はメインPCのバックアップ&サブとしても使いたかったから、10万の奮発したんだけど、まさか2年半ちょっとでお釈迦になるとは。マイ歴代パソコンの中で最も短命。もうHP製品は2度と買わん(怒)。
 自分の周囲でもHPのがトラブル多いって話は昔ちょくちょく聞いてたんだけどなあ。最近は大丈夫かと無根拠に思い込んでいた(汗)。

 そうそう、それで、「HP パソコン 評判」とかでググると、HPでトラブル多いのは本当ですか?いいえ、そんなことありません、といったQ&Aサイトのやりとりがいくつか見つかるが、これずばり「ネット工作」だと思うんだわ。いまどき、メーカーもこれくらいやるでしょうからね。

(今回壊れたのは電源周りで、充電が全く不可能になってしまった、という症状。電源アダプターとバッテリーは正常です。たぶん基盤がどこかイカれてる。捨てるくらいなら一度分解すっか……。もしかしてバッテリを外部充電すれば延命可能?)

 最後に無理やり音楽につなげると、一応こいつにはSONARのオマケエディション入れて、オーディオI/Fと一緒に持ち運んで、カラオケボックスで歌を録っていたりしました。SONARと一緒にお亡くなりか…。そーなんだ(オヤジギャグ炸裂!

大転換時代をIT武装で生き残れ的な

 今回はちょっと音楽から離れて世相とかあれこれ。

 世間、激変してるね。変化の速度は増し、その度合いは大きくなるばかり。グズグズしていると、一個人なんか時代の大波に呑まれて海の底に沈められてしまう。
 最近はコインチェックの580億円の件(仮想通貨)とか、ランサムウェアとか、AIに電気自動車にARなど、IT絡みで大きな事件や話題が多い。まさかこんな世の中になるなんて。いまやコンピュータとネット(=つまりIT)が無ければこの文明世界が一日たりとも回らない。

 正直、パソコンオタクなんて、ほんの30年前までは、「あいつらはオタクという不気味な人種の一種だが、パソコン使えて(プログラマーもこの中に含まれてた)仕事の役に立つから、一応大目に見てやろう」的な視線で世間から見られていたんだから。その中でもネットやってる奴なんて、また一種独特の差別的扱い(こいつらなんか違うぞ?)だったのに、今や世間がパソコン・ネットオタク的価値観で染まって、それが普通になってしまった。いやむしろ、かつてのその種の人間がドン引きするような感じになってる。(LINEの既読がどうの即レスがどうの、インスタ映えだのFacebookの友達申請だの。スマホの課金で破産する奴、ゲームのやりすぎで仕事失ったり)いったいどうなってるのか。

 世間なんてこんなもんで、時代が変われば価値観なんて180度違ってくる。だから、あんまり人がどう言おうと気にしないで、自分の好きなように生きればいいんだよね。(ただし自分で責任が取れる範囲において、だけど)
 これらは、テクノロジー(技術)の発達で、人の暮らしや価値観までガラリと変えられた結果なんだけど、今後もこの分野の進化は止まりそうにない、というかむしろ加速していくから、近々社会体制がゆらぐような、根本的大変革を迫られるような激震が来るかもしれません。

 それはよく言われるように、AIとIoT(Internet of Things=物のインターネット)がいよいよ実用・実装段階に入ってきたから。あまり壮大な予測をしてしまうとブログのテーマから外れるので、例えばAIが弁護士や銀行員といった、絶対に食いっぱぐれのないと思われていた職業まで奪ってしまうとか(メガバンクなんて、フィンテックの発達で本当に人が要らなくなってしまったんだからオソロシイ)、単純労働はロボットに奪われて、失業した人のためにBI(ベーシックインカム)が行われるかもしれません。これなんかもう一種の社会主義だからね。資本主義が極限まで発達すると破綻する、というマルクスの予言は当たってたんじゃないか(アメリカなんか、もう普通の人は絶対這い上がれなくなってて、社会主義が見直されてるそうだし)。
 IoTも便利ではあるが、セキュリティリスクだらけのネット接続機器が、ハッカーに利用されて攻撃手段にされたり、家の中を覗かれたり勝手に風呂を空焚きされたり、なんてことが煩雑に起こるでしょう。
 さらに人間にもIoTのチップを埋め込むようになったら……考えただけで怖ろしい、負の側面を考えると。
 ただ、それでAIを補助脳のように使える時代が、自分の生きている間に来るかもしれません。こうなると「世界とつながっている」というのが文字通りの意味になるが、洗脳ならぬ人間ハッキングも行われるようになるでしょう。まったくサイバーパンクのまんまです。

 まあここまではまだ先の話にしても、AIやIT技術がこれまであった職業を奪っていく、というのはもう現実に始まっていますので。考えようによっては面白い時代だけど、冒頭でも書いたようにボヤボヤしていると、個人なんか無一文のまま路上に放り出されかねません。組織人だろうとそれは同じ。変革と流転の時代になったといえるでしょう。
 自分なんかは自営のSOHOだから、IT武装と個人故の機動力だけが取り柄みたいなもんなんで、しっかり目を見開いて時代に取り残されようにせねばならんと思ってます。実際嵐の大海に放り出された木の葉のようなもん。波の背に上手く乗りつつ、沈まないようするしかない。これまでの成功モデルは多分通用しなくなっていくでしょう。
(こんな中でも上級国民様だけは余裕で生き残っていくんだろうなw)

 音楽メジャー業界がほぼ消滅してしまったのも、考えてみればまさにITの発達のせいですからね。その分、個人がネットで音楽を発信できる世界が出現したんだけど。

. Categories: 日記. Tags: , .