作曲家・弦央昭良のサイト

「ラジオスターの悲劇」の悲劇?

 1980年発表の、ザ・バグルス「ラジオスターの悲劇」(Video Killed the Radio Star)という曲があります。僕ら世代あたりの諸氏は全員ご存知でしょう。日本でも世界でも大ヒット、シンセや女性コーラスを取り入れたポップなサウンドと、ラジオボイス加工のトレヴァー・ホーンのボーカルも印象的な、メロディアスな楽しい曲です。

(イギリスでは1位だったが、アメリカは40位だったそうで意外)

 この曲は、実はミュージックビデオ番組「MTV」が初めて流した曲だった……という話を、前回書いた映画「素晴らしき映画音楽たち」で知りました。皮肉というか、なんともアイコニックな出来事だったんですね。
 そしてもうひとつ、このビデオクリップに、意外な作曲家が出演していたという事実。今や世界的な……。前回を憶えている方はもうわかったと思いますが、ハンス・ジマーなんですよ。

 なぜか自分の反応は「うわーっ」だったんですね(w)。意外すぎるというかなんというか……。映画でそのシーンが流れていましたが、今と違ってスリムな青年で、言われなきゃ絶対わからない。(現状随分貫禄付いちゃったから…)
 クリップの後半で、2ndキーボードとして登場します。なんとバックにそそり立っているモジュラーシンセは、moogじゃなくてRolandのSystem700ですね。(欧州で売れたというのは本当だったんだな) その前にはコンパクトなSytem100mがあって、そのキーボードを弾いてます。まあSystem700は一本もパッチされてないから、音出ないが)

 それでも嘘かもしれないと思って、Youtubeで「ラジオスターの悲劇」のクリップを見たら、確かにそのシーンありました。コメント欄でジマー出演を書いている人がいて、やっぱり悲鳴が上がっている(w)。なんだろこれ、別に黒歴史じゃないはずだけどね、むしろ超有名曲だから栄誉…。

 映画の中でこのことをバクロしてた業界のオジサンも、あの人昔こんなことしてたんだぜーみたいな、半笑いでコメントしてたから、やっぱり海外でも意外で面白いと思われているんでしょう。いやー人に歴史あり、それにしてもよりによってラジオスターの悲劇とは、なんとも強運をお持ちですね。

 この曲からすっかり売れっ子になったトレヴァー・ホーンも現役らしく、最近のライブがYoutubeでたくさん出てきます。80年代のアーティストがまだ頑張っているのは僕らも心強い限りです。(この人はプロデューサーとしての活躍の方がデカいようです)

映画音楽の周辺

 映画「素晴らしき映画音楽たち」を見たら、内容はドキュメンタリーで、世界の一流作曲家が多数登場してた。あまり期待してなかったが、実際大した映画じゃなかった(w)。ただ面白いことがいくつかわかったので、書いてみます。

 このテの映画でよくある、多数のインタビューを細切れに組み合わせて、なんとなく雰囲気で映画音楽の制作現場をわからせてくれるというスタイル。なので骨太な感じは微塵もなく、エピソードの寄せ集め。以下箇条書き。

・ジョン・ウィリアムズはジャズピアニスト出身。今はもちろん業界では誰もが賞賛する大作家。(「E.T」の楽曲アイディアをピアノでスピルバーグに説明する当時映像が流れてた)。

・映画音楽の歴史は、生のオケから始まり、ラテンにジャズにロックと様々な音楽スタイルやバンド様式が、その都度導入され革新が起こされてきた。

・その後、再び映画音楽にフルオケを復権させたのがウィリアムズだそう

・楽器以外の音ネタも現代では多数使われる(効果音でなく楽曲内で)。ある作曲家は、家3件分の音ネタ・民族楽器・トイ楽器などを持っている。一杯になると全部捨てて、また一から買い直すとか

・監督や制作側との打ち合わせは、意外にも最初に一回だけらしい。その時の要望やフィーリングを元に、作曲家は一人で音楽を作り上げていく

・依頼の電話が来ると飛び上がって喜ぶが、打ち合わせ後一人になると、いつも逃げ出したくなる(ハンス・ジマ-談)。

・生オケ映画音楽収録のための世界の三大スタジオは、ロスのFOXスタジオ、ロンドンのAIRスタジオ、アビーロードの第一スタジオ。FOXは力強い音に、後者2つは柔らかい音になる。どのスタジオも音響が抜群に良い。

・AIRスタジオは古い教会をジョージ・マーティンが買い取ってスタジオに改装した。時々幽霊が出るらしい。怖がりなエンジニアには不向き(w)。

・オケの指揮が出来る作曲家でも、敢えてコントロールルームに残る人は結構いる。監督から直接反応を聞きたいから。

・オケのメンバーは全員(楽譜を)初見で弾きこなす。

・映画公開2週間前に、レコーディングが終ってないことが結構ある

・こうして生オケのトラックを納品したあとも、どうやら映画会社側でまだミキサーがマルチトラックでミックス作業をするらしい。ここで特定パートを上げ下げして、映画にあったミックスにする(この工程、作曲家も監督もアンタッチャブル)。

 こんな感じです。
 あと、ハンス・ジマーについて衝撃の事実が判明したが、それはまた今度。(この業界では今、ウィリアムズに次ぐ地位の人という評価)

7/1 配信開始「RETROPOLIS / Brick Geist (ft. ゆきみもっち)」

雅なるかな電子古都の調べ。テクノポップ・ルネサンス ~YM-0 三部作-3

「RETROPOLIS」 / Brick Geist (feat. ゆきみもっち)

 作曲:弦央昭良
 編曲:弦央昭良

Release Date:2024/07/01
JASRAC作品コード:301-9180-7


#テクノポップ #エレクトロニカ #EDM

ベリンガー考

 Youtubeを見ていたら、ベンリガーの新製品リークという海外動画が出てきて、それによると今年は34種ものシンセ新製品を出すらしい。ちょっと前の動画なので、実際リーク通りの製品がもう出てるのも結構ある。
 あきれたなーなどと思いながら結局最後まで見たんだが(w)、これが全部過去の他社製品のリイッシュー(コピー)か派生品なんですね。もう徹底してるな、ここは。

 確かに、値段も安いし心を動かされるものもあるんだけど、こんなものばかり売れたら、オリジナルのメーカーが(例え現行品じゃなくても)潰れちゃう可能性がある。下手をすると現行品もコピーされてるから。moogとかKORGとかRolandなんか、ベリの大好物だもんね。(特にそろそろRolandはベリを訴えた方がいいんじゃないか)

 まあ自分もベリは買ってしまっているから、あまり強いことは言えないが(汗)、それでもオリジナルメーカーへの尊敬は忘れずにちゃんと現行品も買ってますからね。
 遊びならともかく(って本当は良くないが)、シリアスに音楽をやりたいなら、やっぱりベリのコピー品は避けるべきですね、実際音がイマイチのことが多いし。なにか最後のマジックがない。
 それでもモジュラーのSystem100は奇跡レベルの出来で、今は使ってますが、これも壊れたら買い直さない方がいいかと思い始めてる。(moogコピーは、前も書いたが他人の空似)

 ベリの値段が安いのは、もちろん開発費を掛けてないからですよ。どのメーカーも某大な時間を設計と試作に費やして自社製品を完成させてるんだから。それを(根幹部分は)パクってりゃ、そりゃ安く作れるよね。

 やっぱり、ベリンガーをあんまり持て囃してはいけないと思いました。(先頃出た20万円のOB-Xaのコピーも、自社デモ動画は良かったが、ユーザーデモを見たら、容赦なく本物との違いを強調されてた。コメント欄も酷評連続)

 一応念のため、KORGの海外製品リイッシューは元のメーカーにお伺いを立てているので、セーフだと思います。出来も大変良いしね。

(今回、わかっている人には今更な話だったかもしれません。自戒を込めて)

DEW RIDGE RECORDS新サイトオープン

 DEW RIDGE RECORDSがレイアウトを一新、独自ドメインの新サイトで稼働開始しました。

https://dewridge-records.com/

 インディーズレーベルであると同時に、フリー音楽プロバイダーとしての活動も本格化するタイミングで、今が移行に最適と判断しました。

 国産クラウドで話題の「さくらインターネット」でホストしています。今のところかなり快適です。

 旧サイトは折を見て停止させますので、よろしくお願いします。

7/1 配信予定「RETROPOLIS / Brick Geist (ft. ゆきみもっち)」

◆7/1 配信予定の新曲です。
「RETROPOLIS / Brick Geist (feat. ゆきみもっち)」

雅なるかな電子古都の調べ。テクノポップ・ルネサンス
~YM-0 三部作-3

曲名:RETROPOLIS
アーティスト名:Brick Geist
Featuring: ゆきみもっち

 作曲:弦央昭良
 編曲:弦央昭良

Release Date:2024/07/01
JASRAC作品コード:301-9180-7

#テクノポップ #エレクトロニカ #EDM

トミタ・サウンドクラウドを振り返る

 引き寄せの法則ってあるのでしょうか。先日なんだか急に「トミタサウンドクラウド 長良川」って検索しなきゃいけない気分になったんです。それでやってみたら、古本屋の在庫がヒットした。

「トミタ・サウンドクラウド・イン長良川 公式記録」

 ご存知ない方のために、これは1988年に岐阜の長良川河川敷で開催された、冨田勲先生をフィーチャーした一大ライブイベントのことです。どうもライブパンフの類ではないらしい、箱入りって書いてある。これは買ってみなければ、と早速購入して届いた本が。

 おお、豪華。
 内容を見ていくと、どうやら岐阜のライブ主催組織がライブ終了後に作った、まさに公式ドキュメント本らしく、値段も記されてないし関係者だけに配られたものではないかと思われる。

 ライブパンフではないので、準備段階から会場の設置、ライブ当日の様子、ライブ後の撤収まで収められています。
 まあこの写真の先生を見て下さいよ。(写真あんまり良くなくてごめん)

 どうですかこれ。子供たちも、東京から偉い作曲家の先生が来るって聞いてたのに、格好いいバイクに乗った人が来ちゃってびっくりだよね。(むろん東京から高速利用でしょう)

 面白いのは色々な費用リストや、なんとライブイベントの企画書まで載っている。
 業界的にもかなり面白い情報がわかる本でした。

 企業等からの協賛費用が5億円強、ライブチケットの売上が4000万円強。今の貨幣価値だと、それぞれ10億と8000万ですね。Geminiに尋ねたら、普通は協賛費はチケット売上の半分も行けば良いほうらしく、異常な数字といえます。やっぱりバブル最盛期だったのと、一般ニュースになるくらいの超巨大イベントだったからでしょう。
 当日は広大な無料観覧スペースも用意され、30万人を超える動員だったそうで、とんでもない規模の野外コンサートだったと思います。

 ちなみ、ライブは当時の浩宮皇太子殿下(現・天皇陛下)もご覧になりました。ファンだったそうで、駆けつけたという話を往時の報道で知りました。

 スティービー・ワンダーもUFOに乗って(w)参加してたし、まあこんな規模のイベントは今はなかなか難しいかもしれません。
(このような資料を遺してくれた関係者の皆様に感謝)

追加機材と外した機材

 5月に機材を追加しました。こんなやつ。

 RolandのSH-4dです。既に当方の音源システムに組み込んで常用している。

 Future Retroというキャッチフレーズ通り、未来感のあるレトロっぽさ、というかレトロ感のある未来っぽさの方が近いか。そんな音が出る(出しやすい)機材です。グルーブボックスとハード音源のいいとこどりのような感じ。アナログモデリング他テンコ盛り。マルチティンバー4ch。

 同価格帯で本物アナログのベリンガーのPro-800と迷ったが、そっちはデモをどう聞いても音に腰がないんだよ…。そりゃ仕方ない、超廉価でアナログポリ(シーケンシャル・サーキットのProphet-5のコピー)を、ってのがテーマの製品だろうから。その意味では立派だが、結局ウチでは出番が無いと踏んだ。

 システムから外した機材は、ベリンガーのTD-3です。シンセベースとして活躍してくれるかと思ったが、やはりこいつも音がヘロヘロで、コミカルな曲には良いが、ほぼ出番がなかった。ただMIDI-CV変換が付いていたり、機能としては面白いので、温存します。確かもう製造完了品ですしね。(アナログなのに音程は安定していて、そこは良かった)

サンプラー修理番組

 TVを見てたら凄腕家電修理人の紹介みたいな番組が流れていて、そこへ顧客から持ち込まれたのがなんとBOSSのDr.SampleとRolandのSP-404というサンプラー2台。どこに頼んでも修理不能と断られ、最後の望みを託して……という感じらしい。(どうもRoland自身も断った雰囲気?)。

 興味深く見ていると、まずDr.SampleはRCAアウトのRだけがノイズが乗ったり音が小さかったりと、おかしい。早速修理人が分解して端子ユニットをみると、経年劣化で基板との接続金具が1本折れていることが判明。スズメッキ線で折れた金具の代用にして半田付け。しかも設計ミスが部品が元から悪いのか、わりと端子ユニット上で端子がぐらつくのが判明、それも接着剤で処置。見事復活。こんな簡単な修理もできないとは、ローはちょっと情けないと思った。

 SP-404は、4×3ボタンの最上段だけが無反応。これも分解するがスイッチは異常なし。マイコンチップの劣化を疑い、差し替え用の部品をジャンクで捜す。そうこうするうちに、これまた基板の接続端子の一部が劣化で接触不良なのを発見。(なんかイモハンダに見えたが?w) ハンダ付けし直して、なんと完全復活。

 どっちも部品品質やら製造の問題を思わせるような故障で、これはもうRolandのエンジニアは穴があったら入りたい気分だったんじゃないか。YAMAHAやKORGの人は笑ってるだろうなあー(w)。しっかりしてくれロー。

 まあ一応擁護しとくと、両機とも伊賀の忍者ショーで効果音のポン出し機材として使われてて、現場使用なのでそれは結構荒っぽい扱い。
 修理代は合計4万円ほど。サンプラー内部にショーで使う効果音をみっちり入れているので、替えは効かないという話でした。

 今のハードサンプラーは、もちろん音楽でも使われるが、舞台の音響効果によく使われているようですね。