タグ: 社会

進化なのか退化なのか

 ネットでまあまあのお値段の商品を買ったら、そのショップの規定で(楽天だけど)ある程度の価格の品は、クレジットカードの本人確認がいるとかで。それで、電話で直接決済確認しなければいけないらしく、一度掛けたけど留守だったので、という連絡がメールで来てた。
 それで、折り返し電話するか、Webフォームに必要事項を入力して都合のいい時間を連絡か、の2択で。電話代使うのアホらしいから後者にしたんだけど、もうこの時点で結構面倒。
 指定の時間にかかってきた電話をとって、本人確認、商品確認、そして住所確認。これでようやく決済が通りました。なんか楽天独自の基準で連絡してるって言ってたが、この価格レンジ(2万以下)のものも確認するとは、結構詐欺とか多いんですかね。あ、そういえば楽天カードでしたわ(w)。あれは入会審査が緩いからなあ、ミッキー谷さんのところも苦しんでるのかもね(そろそろ株価なんとかしてよ社長)。

 で、この電話というのが、いまどき会話が成り立たないくらい遅れまくりのIP電話。インターネット技術を使った最新テクノロジのはずなのに、逆に不便になってますからね。昔のアナログ電話の時代はこんなことはなかった(音質が悪いことはあっても)。昔の電電公社(現NTT)の時代は、交換手のお姉さんがいて、長距離電話なんか手動でつないでいたりね。その後電子交換機になったが。

 クレカも便利なようでいて、こういう不正利用対策で色々処理を要求されることもあるし、詐欺メールもバンバンくるし、あんまりネットで買い物しない人なら、銀行振込や代引きで充分。ネットバンクも詐欺メールが頻繁に来るし、一番安全なのは大手を含めネットバンクの契約をしないことですしね。

 なんだか進んでるだか戻ってるんだか。
 進むばかりが良いわけでなく、音楽でいうならmp3全盛の時代にレコードが復権してますし。DTMがスタジオ代わりになったのはいいが、パソコンオタクにならないと使いこなせないとか。

 技術は進歩しても却って不便&不安になることはあるんだなあ、と思います。

ハイテク水飴世界?

 いよいよ次世代ネットワークである5Gが稼動しつつあるけど、最近この関連でぼやっと考えていること(w)。

 IoT(Internet of Things=モノのインターネット)が5G上で本格普及すると、ありとあらゆる電化製品が、そして電化製品でなかったものも(家の壁とかね)、ネットワーク上で通信し出すことになる。
 それはどこかのサーバーへ送るデータだったり、近隣のモノ同士で勝手に情報交換したり、家庭内サーバーみたいなものと通信したりと、様々な形態が考えられる。

(あ、自分はこっち界隈のライターだったので…。いきなり何の話かと思われた方ごめん)

 ただIoTも聞こえはいいが、セキュリティリスクだらけのネットワーク機器が大量に文明世界にバラまかれることになるわけで、好むと好まざるとにかかわらず、クラッキングが多発して、家庭内の映像やら音声やら生活記録やらが、ダダ漏れになる可能性はかなり大きいでしょう。今でさえ「秘密」のはずのクレカ情報やプライバシー情報が漏れまくってますよね? 今度は家庭内の生の情報がネットワークに流出してしまう、ってこと。しかもリアルタイムで、ね。

(セキュリティリスクについては、もう数年前に、ある大学のIoT街灯全部がクラックされて、サイト攻撃に使われているのに、予算の関係でノーフォロー……ってことに腹を立てたホワイトハッカーが、ハックで街灯の回路を物理的に全部焼き切って解決した、ドヤッって事件が本当にあってw もうこういうことが世界規模で起こる)

 もしそれがイヤなら、もう文明世界と縁を切って電気も通らないような山奥にでも住むしかない。それでも衛星から見られたり(一軒屋番組ありますよね?)、ドローンや気球が飛んできたり、ってことはあるでしょう……。例の犬みたいな軍用ロボットがやってくるかなあ、あれ山道で遭ったらいやだなあ(笑)。

 そうでなくても、野外にもあちこち監視カメラがある時代(むろん今後集積度は上がる一方)。スマホからの情報、IoT機器からの情報で、例え家の中にいても何時も「誰か」(あるいは「何か」)にモニターされている、っていう状態が近い将来常識になるでしょう。アマゾンAlexaの類はその先駆か。

 そうすると多分、それが人々の意識を変容させてしまうことになると思いますね。(これが言いたかった)
 よく言われる「繋がっている」という感覚があるじゃないですか? これは皆がスマホを持つようになって共有・実感されるようになった感覚で、それ以前はなかったのですよ。

 今度は「捕われている」、あるいは「囚われている」って感じになるじゃないか。繋がっているどころか、高密度ネットワークの中に個人ががんじがらめにされている感じ。
 ただし、言葉の響きほどネガティブなイメージではないかもしれない。
 高密度に張り巡らされたモニタリング環境の中で、人間はもしかしたら幸せを感じるかもしれない。孤独に悩んでいる人を機械が救うという構図。昔ならハイテク・ディストピアという捉え方しか出来なかったが。

 あるいは、それが地球規模に広がるわけだから(少なくとも先進国では)、「ザ・ワールド・イズ・ワン」どころか、「ワン・パーソナル」みたいな世界観を人々が持つことになるかもね?

 どっちにしても、まるで水飴の中のような世界で、人々は身動きが取れなくなりつつも、その「甘さ」に幸せを感じ、そして他人の秘密も(知りたくなくても)見えてしまう、なんて状態になるのかも。

(スカウター(←情報メガネ)を掛けて他人を見ると、本名から本籍から年収・趣味・交友関係全てが見えてしまう、って事態も現実になる)

 これが近未来、というよりかなり近い将来やってくるだろう世界。ここから新しい哲学・思想や芸術が生まれたり、もちろん音楽も影響されて新しいものが出てくることになるんでしょう。

 どうですか、どうしますか、作曲勢の皆様(w)。
 これ、意図的にAIの話は省きましたからね。こっちはこっちでまた世界の激変させてしまう話だし。
 長生きしたいようなしたくないような……でもまあ自分はあと500曲くらい書きたいので(笑)。

 以上、残暑にちょっと涼しくなる話でした。

最近寿命を迎えたもの

 急に暑くなった名古屋。いきなり36度です、これまでは日が落ちればまだ涼しかったが、完全に真夏、もう夜もサウナ状態。アフリカから来た人もこの湿度にはヘバっているという。
 そんな中、とうとう耐用限界が来たものが周囲で続出。

 まず長年使ってきたデスクライト。おなじみZ型いまどき白熱電球。スイッチがいかれて、点灯・消灯があやふや。放っておくとショートしたりして危ないので、まずは台座から外してつついていると、なんだか小さな部品が落ちた。イヤな予感的中、スイッチのバネ留めでした、それでジ・エンド。10年は使ったから寿命だなあ。
 早速アマゾンでLED電球のやつを買ったが、ちょっと暗い。調光できるのはいいのだが、やっぱりこのテのは店頭で実際に見ないと。しかしヤマダやコジマへ行く時間がない。

 あと、スニーカー。歩いている途中で左足からパタ・パタと異音。おかしいなあと思っていると、だんだん音と反動が大きくなる。なんと、靴底が踵からはがれてきていた(笑)。誓って言うが、そんなにボロいシューズではない、むしろ未使用に近い。ただこれも10年以上しまっておいたもので、最近まで存在すら忘れていた。まさか劣化していたとは。目的地に着く頃には、靴底が全てはがれて随分底の薄い状態。まあ日暮れ後で目立たず良かった。

 番外編。実家前の玄関にいた蝉。瀕死ステータスらしく、例によってむちゃくちゃ飛び回ったり変なところに止まったりでうっとうしい。強引に突破しようとするとお小水をかけてくることもあるので(笑)、どうしようかと思っていると、庭の茂みから白ブチの野良猫登場! うお、と思ってると、確かな動きで蝉を追い詰め、一度は上方へ逃すのものの、降りてきたところをネコパンチからの掴みの一撃で捕獲、すぐさまこっちを見つつ、茂みへ逃げ去る。その間約5秒。すげー、やはりこいつらは野生じゃ。時々野鳥の羽も落ちているので、鳥も狩っているはずですわ。

 番外編2。ここ数年見るようになった、深夜にわざとライトを消して走る車。本当に危ない。名古屋だけだよね? 大抵色の黒い車で、族っぽい感じのが多い。2~3ヶ月に一度は遭遇するんですが、以前はライトつけ忘れかとパッシングで教えてやっても無視しているのでわざとだと気付いた。他の車が驚くからやっているらしい(ゆえにスピードも速い)。この手合いは一刻も早く絶滅して欲しいです、警察取り締まってくれ。皆様もどうぞお気を付けて。

アルゴリズム売買?

 まだ初夏だというのに体調がすぐれない。もともと自律神経失調症気味なんだよなあ。風邪を引き込んだり、直ったり、また掛かったり。血圧も低い。身体が訳もなくだるかったり熱っぽかったり。寿命あと3年くらいちゃうか。でもまだ300曲や400曲は書きたいので、それまで死ねません(笑)。
 まあこの歳になると、体調が毎日すっきりしている方がどうかしてるんだよね、むしろ。最近は牛丼やらうなぎやらパワーフードを連投。こんなに肉類ばかり食ってて大丈夫か。若い頃よりむしろたくさん食べてるかもしれない。体力維持できないもんね。野菜も忘れず摂ってますよ。

 株価。トランプがサミット以後静かで却って不気味(笑)。こいつは黙ってれば黙ってるで、また何かとんでもないことを準備してるんじゃないかと勘ぐってしまう。トランプ発言で株が上がったり下がったりするのを、「トランプ・ループ」というらしい。米マスコミが命名、うまいこと言う。
 FRBに陰に日向に圧力かけて、とうとう金利を下げることを約束させたようですね。また資金がジャブジャブになる。どんどんバブル発生要因が拡大してます。日米とも出口戦略なし、今さえ良ければあとは野となれ山となれ作戦。

 ところで、国内東証1部の某有名企業の株価チャートで、とんでもないものを発見。偶然株を買って、リアルタイムでチャートと板情報を見ててわかったのですが、とにかく異様な動き。ある株価に固定するよう、あきらかに操作されてるの(笑)。板の各刻みに50000株くらいの膨大な売り買い枚数を並べて、少しでも株価が上下したら素早く各枚数を操作して、一定の価格になるようにしてる。
 はい、絶対に人間の仕業じゃないです、それはまあ典型的なアルゴルリズム売買、AIですわこれ。ヘッジファンドか、証券会社か。どこの仕業かも不明、もしかしたら2~3の機関がバトってるかもしれない。
 なんだろうなあ、これ。意図も不明。たぶん近いうちに暴騰するか暴落するかネタを握っていて、今は株価を上下させたくないのか? 相場操縦は本来もちろん違法ですからね。素人集団みたいなのがやると逮捕されるが、なぜか証券会社は滅多に摘発されません(笑)。時々海外の証券会社の日本法人が見せしめに指導されるが、海外からはやり放題だし。こんな市場にしたのは小泉・竹中ですよ。
 とまあこんな状態なので、そこの株価は動かないのに出来高は異様に膨れてます。高速で膨大な売り買いをしているんだから当たり前。仕手なんて生易しいもんじゃねーわ。
 もはや人間の付け入る隙はない。自分みたいな一個人は指を咥えてみているしかないですね。面白いので結果が出るまで株持ってるつもり。どうなったかは、また気が向いたら報告します。

(ここと、もうひとつ、製造業で長期間チャートが水平線になってるとこも本日発見。これも怪しいな、非常に)

Contemporary Diary

 お陰様で、なかなか忙しい感じの初夏になってきました。自営業者はやることが一杯あったりします(時々無職と間違われてるんじゃないか、という節がありますが、れっきとした一勤労者だぜw)。毎日がアドベンチャーゲームのような状態、もっともずっと前からですが、このあたりは勤め人とは意識が全く違うなあ。音楽が作れるようになったのも、この「日々安定していない」という状況が関係してる可能性が高い(少なくとも自分には)。

 株、サミット明けた月曜は日経450円近く上がったけど、やはりトランプさえ大人しくしていれば、低金利で有り余る資金がドッと市場に流れ込むことがわかった。トランプという男は、もう世界経済最大のリスク、爆弾が服着て歩いているようなもんだ。
 もう今日あたりは皆トランプの次の発言を警戒して、かなり臆病な動きだもんね。
 以前は北朝鮮が、こういう役回りでミサイル発射にピンク女子アナ放送で世界をかき回していたんだけど、すっかり影が薄くなってしまった。北のは計算だけど、トランプはガチだからなあ…(w)。
 株を買っても、こんなだから細かく利益確定するようにしています。長期ホールドなんてもってのほか。これ、証券会社は喜ぶんだよな、手数料入るから。

 先日、夜に名古屋の若宮大通りを車で走っていたら、ライトの先に信じられない生き物を見た。山ねずみロッキーチャック、じゃなかったあらいぐまラスカル! もうあのラスカルそのまんまの顔と身体のやつ。あらいぐまペットが捨てられて野良化してる、とは聞いていたが、本当だったんですね。すぐ逃げていきましたが、子犬くらいの身体付きだから、残飯や野鳥を獲ったして生きてるんだろうかな。成獣は気が荒く危険だそうで、近づくと襲われることもあるとか、保健所案件のヤバイ生物です。

 ところで、このサイトは作曲の仕事のために、名刺代わりに作ったものですが、むろんアーティストの皆様からのご相談ごとにも対応しますよ。音楽のことでしたらなんでもOK。それ以外のやつ、例えば人生についてとか生きる意味とは?なんてのはダメですね(笑)。こんな甲斐性のないポンコツおじさんには何も語れる言葉はありません、もっと立派な先生方に聞いて下さい。それ以外ならいつでもメールください。

 そして最後に、まさかとは思うけど……。

“Well? Is there a mathematician who wants to write English lyrics for my music? Yeah, come on and contact me! I appreciate your great work. Let’s make an awesome song taking a top on Billboard chart.”

 こんなことを書いておくと本当に連絡こないかな。
 では今回はこの辺で。

株~ぼちぼちでんな

 先週はぼちぼち儲けました。
 週明けに楽天株を買って、週末に売りました。200株、上下しつつも最終的には75円くらい上がったので、15000円の儲け。まあ相場師を気取っても自分程度ではこのくらいがせいぜい(w)。でも不労所得ですからね。
 楽天も、携帯参入のニュースで株価が大きく下がって、1200円から700円台まで行ったんじゃないかな?そこから戻していま1100円台。まあそろそろ定位置なんで、もうあんまり上がらないという算段。700の時に買ってれば一番儲かるのは当然だけど、これが下がってるときはなかなか怖くて買えないもんです。で、ちょっと目を離した隙に急速に戻したというわけ。
 楽天の三木谷CEO、なかなかやるな。ちなみに名古屋出身(笑)。IT系ベンチャーでは、孫正義を除けば、一番の出世頭ですね、球団まであるんだからなあ。

 内需株なので、トランプのツイート攻撃に関係なく株価が動くのが面白い。為替も関係ない。自動車、電機なんかは滅茶苦茶影響されますからね。

 次はAI関連株のなかでも顔認証や行動分析、そして仮想通貨で三菱UFJが今年後半、もしかするとクるかもしれない。(顔認証はもう暴騰したところあるが)
 こうやって、新技術の材料(話題)から、これに強い会社はどこどこで業績はどうだから、これは上がりそう、なんて調べているのも結構楽しいもんです。

 いまは日米ともに金融緩和でお金が余りまくっているから、本来なら株式市場に流れ込んでプチバブルになってもおかしくないんだけど、例によってトランプがいらんことばかり思いつくから、日米とも市場心理は戦々恐々といったところ(w)。変な方面からリミッターが効いているという。
 ただ、今後夏の選挙、オリンピックを控えて、政府は意地でも株価を維持すると思うから、いわゆる適温相場になってきそう。年金資金を株につぎこんでいるから、皆さんのっかるなら今ですぜ(笑)。

 含み損30万の相場師がお送りしました。

(といってたら、またトランプが中国を脅してるな。これでまた関係企業の株価が大揺れ。今は怖くて内需関連株しか買えない雰囲気)

国家と文化は別

 今回はちょっと時事を絡めた話。アメリカvs中国の大バトルですが。

 ファーウェイにはアンドロイドOSの供給(アップデート)を停止するわ、CPUを始め基幹半導体部品もストップするわ、アメリカの攻撃は本当に容赦ないですわ。
 今後、中国が互換OSなどを作ることになるんでしょうが、どうせアメリカはそれも同盟国に利用禁止とするでしょう。半導体部品に至っては、もうどうしようもないんでは。1から設計製造してる時間はない、万一成功しても、それも禁輸です。
 だから、プラットフォームなり基幹部品を握っていることは、事実上の世界征服と同じなんですね。言いがかりをつけていつでも相手の息の根を止められる。
 トランプという「キャラ」に、うまくアメリカ国内の支配階級が中国を攻撃させてる感じ。こんなに露骨で簡単にコトが運ぶんだから、笑いが止まらないんじゃないか。

 昔、某アニメで美人中尉が言ってましたね。「拾ったものを使うからです」って(w)。タダだからって調子に乗ってアンドロイドOSを使っていると、こういう事態になる。
(もっとも、中国だってグーグルなんかを締め出してるし、勝手にハイテク技術を国内移転させたり滅茶苦茶やってきた。とうとうならず者国家の本家に利子付きで反撃されたってとこ)

 で、そろそろ本題ですが。
 誰がみてもアメリカって怖い国だなあ、ってなるけど、それでもみんなアメリカ映画は大好きだし、音楽だって好きでしょう? いつも混同しがちだけど、「国家(政府)」と「その国固有の文化」ってのは別ですからね。そこははっきり意識して区別した方がいい。
 中国を激しく攻撃しているのは、要は「アメリカ政府」なので、文化のほうは関係ない。

 逆もまたしかりで、中国政府はチベットの件やら、尖閣諸島に毎度侵入してきたり、とても怖い存在だけど、中国の文化は別ですね。香港映画はみんな大好きだと思うし、中華料理も嫌いな人はいない、中国の古典や思想も素晴らしい、中国人民まで政府と一緒に嫌う必要などない。もう一度言いますが、「国家」と「文化」は別です。

 少し前の報道をみる限りでは、今の中国国民の意識は、それこそ’60-70年代の、高度成長期の日本とよく似ています。彼らはオリンピックやサッカーで、自国が破れたら今度は同じアジアの選手を応援してるんですね。サッカーの本田選手が世界で活躍したら「本田発動機」って記事が出て、みんな大喜びなんだから。自分たちの国はまだまだだから、外国の良いところを取り入れて発展していこう、という感じ。まさにバブル前の日本ですよ。公平、公正で、謙虚、進取の気質に富んでいます。
(最近の日本人は…まあご存知の通りです。情けない自画自賛が蔓延してますね)

 で、国家と文化の話に戻るけど、最近の日本では混同されて、日本が悪く言われた!反日だ!なんて騒ぎになるけど、あれは要は日本政府とその政策が悪く言われているので、日本人全てが攻撃されているわけじゃないです。(もちろんそうでない場合もあるが)
 特に今の日本政府の場合は、意図的に混同させて、自分たちの有利な方向に世論を誘導させようという魂胆が丸見えなので、注意が必要です。

 逆に、日本の文化、風俗、風土、歴史、こういってもの全ては政府の所有物でもなんでもない。日本の民が連綿と作り上げてきたもので、A首相や某党がその主人のように振舞うなどは、とんでもない話。連中はただ一時的に付託された権力にすぎず、日本という国の総体の中では、ごくごく一部の構成要素。
 これを忘れてはいけないのです。日本の権力者は、こういう風に国民に気付かれるのを、もっとも嫌うはず。だから「お上」なる概念をつくって、自分たちの正当性を担保しようとする。本当の愛国者は、某政党を支持する人とはイコールではありません(まあイコールの場合もあるだろうが)。
 以上のようなことに気付いて、草の根で地道に生活していることのことです。私事ながら自分だって日本は大好きですからね。(よき愛国者かどうかは知らないがw) それも、日本の文化や風土、四季、食べ物、国土、そういったものが好きなのであって、A首相はその中に入ってません!(笑)

 もし、これまで言葉の魔術、詐欺で、日本=某政党のことだと思い込まされてきた人は、この機会に自分の中で区別できるか、一度考えてみて下さい。それでも某党ラブなら仕方ないのですが、ここ数年ロクなことをやっていない政府のあれこれを、よく思い出してみることをお勧めします。一番「日本」を破壊しているのは誰ですか?

 最後にもう一度、「国家(政府)」と「日本文化」は、はっきり区別しましょう。それらは違うものです。

 どうすか。たまに結構いいこと書くでしょ?(笑)

. Categories: 日記. Tags: , .

今ごろ「令和」に乗っかる

 もう新元号までカウントダウンですが、昭和が終わった直後は美空ひばりや手塚治虫が亡くなって、「ああ本当に一時代が終った」なんて言われてましたね。とうとう自分のような昭和生まれは、化石のような存在になる時代がきました。ちょうど昭和の時代に明治生まれがされていた扱いと、同じような感じでしょうか(w)。ご同輩の皆様、新時代に負けないよう、お互い元気にやりましょう。

 ところで、今回は令和がどういう時代になるか、平成が始まるときにあった出来事を振り返りつつ考えてみたい。一番象徴的な出来事です。少し(毒)電波が混じりますのでヨロシク。

 「平成」が始まるとき、今回と同じように政府による新元号の発表会見が行われましたね。当時の官房長官は小渕恵三で、後に総理大臣になる自民党の政治家でした。
 ここであるハプニングが起きたのをご記憶の方もいらっしゃるのでは。なんと小渕長官は、自信満々に「平成」と書かれたボードを、上下逆に出してしまったのです! 記憶では集まった記者から即座に失笑が漏れ、小渕さんもやっちまった、みたいな照れ笑い、それでまたボードを出すところから仕切り直したと思いました。(ニュースでこの面白映像は何度も流された)

 今回、この映像が残ってないかとYoutubeを調べてみましたが、見つかりませんでした。まさか記憶違いじゃないよな?と思いましたが、静止画像は見つかりますね、上下逆のやつが。一瞬アイコラかと思ってしまいますが、これは本物です。検索すると、ブログやQ&Aサイト等で、同じようなことを書いている人もいるので、当方のマジボケということでもないです、事実です。

 いいですか皆さん、日本にとって大事な新元号を上下逆ですよ!?(机ドン) 当時「平成」が発表されて、なんだか平凡で味気ない元号だなあ、なんてのが巷の空気だったと思いますが、それはそれとして、上下逆にカメラの前に出されたことは、笑い話にこそなりはすれ、それほど話題にはなりませんでした。むしろ平和なエピソード扱い。
 しかし上下逆……よく考えたら不吉だとは思いませんか? 真っ逆さま、転落、凋落、崩壊……元号が逆向きだったことは、実には大きな意味があったかもしれません。

 怖ろしい事実をお話ししましょう。平成が始まったのは1989年、バブル経済の最後期でした。バブル崩壊が始まるのが1991年とされています。そうです、当時世界で最も豊かだったバブル日本が、新時代に全てを失いどん底まで落ちていくことを、平成逆さボードは予告していたのです(電波ゆーん)。

 いかがですか、こう考えるとちょっと怖くなってきませんか? 東日本大震災を始め、災害もたくさんありました、そして原子力発電所の爆発という、未曾有の大事故まで引き起こしました。オウム事件もありました。デフレが止まらず、世界がうらやむ終身雇用は崩れ、いまは非正規ばかり、経済はズタズタでどうやったらまた復活できるか、誰にもわかりません。安い労働力のために、自民党は移民政策を強制導入しました。国のカタチが変わるような大激変、大転換、大崩壊を経験しました。まさにアップサイド・ダウン、上下逆のような30年だったではありませんか。

 官房長官という位置は、最高権力者でもなし、ちょうど政権の巫女(=神託を告げる者)のような立場なのかもしれません。

 平成……語感とは裏腹に、激動の時代だったといえると思います。ただ変化の方向が下降一直線で、しかも長い時間をかけて起こってきたので、あまり皆認識できてないだけかも? 戦争こそなかったが、昭和並みの激変だったといえるでしょう。

 そして、「令和」がどんな時代になるか、ここでも官房長官の記者会見の様子から予想してみましょう。史上初の「官房長官会見史観」です(笑)。

 菅官房長官の会見は先頃行われたのでまだ記憶に新しいところですが、怖ろしいことに、この時もハプニングがありましたよね。そう、上下逆でこそ無かったのですが、長官の掲げるボードを、NHK中継の手話のワイプが隠してしまったのです! 見事に隠しました、そして気付いた(?)長官は、慌てて別の位置に掲げたり、あちこち移動させて、大変でした。

 ……さあ、これまた怖ろしいことが起こる予感がします。なんだと思いますか? というか、どんな電波な予想をしたと思いますか?(笑)
 私の予想はこうです。

「手話」→「シュワ」→「シュワルツェネッガー」→「ハリウッド」→「アメリカ」

 …真面目に聞いてて損した、とか言わないでね(w)。今回こういうノリだから(←いつもだって?)

 早い話、アメリカによって日本は邪魔される、新時代の輝きはシュワ=米国によって隠されてしまうと、この出来事を解釈しました。

 どうです? 割と説得力あるでしょ。トランプによってムチャクチャな対日要求がされるようになり、あれはパンドラの箱だったので、一旦日本が奴隷扱いしても言うことを聞く、となれば、たとえトランプが退陣しても、今後も続くとみていいでしょう。
 アメリカにたかられ、虐げられ、ますます衰退していく日本が見えます……脳内水晶玉のなかに。そんな日本は、なんとか輝きを取り戻そうと、あちこち外交で逃げようとする(それが菅長官がボードをあちこち動かした意味)。中国・インド(左)だったり、ロシア(上)だったり、オーストラリア・中東(下)だったり、南アメリカ(右)だったり……それでうまく行くでしょうか。結局それ令和が終ってみないとわかりません。結局元の位置にボードが戻ったようなので、これまた衰退していくアメリカに道連れにされるのか。

 かなり国として「今後の身の振り方」みたいなところで、方向が定まらない時代になるのでは。これまた混乱と激動の時代という気がします。いってみれば乱世です。

 まあこういう予想は、シュワの件を持ち出さなくても、今の状況だけみてもわかるのですけどね。
 国の破綻へ一直線か、はたまたどこかでV字回復できるのか。
 どうです? 考えようによっては、面白い時代になりそうです。

 ひとつだけ希望があるとすれば、日本にやってきた移民が日本社会を「政府の言いなり」の奴隷思考から解放することですが、これは権力者は歓迎しないでしょう。(こんなところも「外圧」頼みか?)

 音楽のことでいえば、移民が生活に余裕が出来て音楽をやり始めた時、日本発の闇鍋ワールド電子フュージョン音楽が生まれる可能性はあるかもしれない。
 どちらにしても、何も考えずにのんべんだらりと過ごしていると、たちまち上級国民の餌食になり身ぐるみ剥がされる、そんな時代がやってくる気がします。
 気を引き締めてまいりましょう、なんせ僕らは音楽を作り続けねばならない。そうでしょう?作曲勢の皆様。

(追記:映像を見直したら、わざわざワイプの出ているところへボードを持っていっていますね。自分からアメリカ追従…そしてワイプには日章旗が! アメリカ+行き過ぎた国粋主義に注意しろ、ということでしょう)