タグ: 名古屋

晩冬の雑談

 ついに来たスギ花粉の季節。数日前、昼間ちょっと窓を開けたら、目がシカシカしたのでイヤな予感がしてたけど(無論すぐ洗眼)、ヤフーの天気予報で花粉情報がスタート。このアイコンが青からだんだん赤く(危険に)なっていくんだよなあ。今年は例年より飛散が多いそう。更にもうすぐ中国からPM2.5やら黄砂が飛んでくるし(皆もう忘れてそうw)、コロナもあるしどうなりますか。花粉で涙が出たときに手でこするとウイルス感染リスクが高まるんだそうですね。鼻をかむときに顔を触るのも危ない。なんだこのアウエー感は。しかも自分はアレルギー反応で身体が熱っぽくなるんだけど、これもコロナと間違えやすい。花粉症持ちは生存率が下がりそう。いつまで生きられるか、音楽を作り続けられるのか。本当にわからない時代になりました。いきなり花粉で身体がだるいよ今週は本格悲惨(飛散)くるぞ。

 たまたま通りがかった近所の通学路に、行政の監視カメラが設置されてるのを発見。こういうの、やはり今の時代は必要ですね。用心悪いもんね。昔は人を監視するなんてケシカランと思ってたが、凶悪犯罪がカメラの情報で解決されたりするのを見ると、もう反対できない(例の池袋上級暴走もこれで一目瞭然だった)。これも都市生活をしていく上での一種の受忍義務なんでしょう。だからというわけではないが、ウチも付けた。
 ただし、今はまだ録画して何かあったらビデオを使うという段階だけど、多数の公共カメラが有機的に結びつけられてAIで顔認証やら車のナンバー認証(は、もうあるけど)をリアルタイムでするようになったら、かなり怖い世界になることも確か。もう中国はやっているそうだけど。安全を取るかプライバシーを取るか。(中国だって共産党の偉い人は監視されないんだろう)

 ローカルのTV番組のバラエティで、愛知の偉人特集みたいなのをやっていて、国産弦楽器メーカーの「鈴木バイオリン」を創業した鈴木政吉の話が流れていた。実はこの会社、ウチの結構近くにあって(歩いていける距離)、なんだか訳もなく誇らしかったが(w)、数年前老朽化で取り壊して移転してしまったのですね。一度今池あたりに移ったと思ったが、そこも仮社屋だったらしく、現在は大府らしい。明治時代に独学でバイオリンを作り始めて創業、どんどん品質を上げていった。第一次世界大戦で楽器大国のドイツが壊滅的な打撃を受けたため、代わりに海外からの発注が激増。競合他社とともに、一時期は年に15万本もの弦楽器を愛知県で作っていたらしい。宮澤賢治のセロもここのやつでした(当時国内で買えた最高級品)。あとアインシュタインもここのバイオリンを愛用してたそうで、直筆のお礼の手紙が残っているそう。
 中部地方の物作りの伝統は楽器にも生かされているのです。(ヤマハ、カワイもこの地方ですよ。今はローランドも浜松ですね)

サイト開設3周年

 年末になると、サイトの年次契約更新がやってくるので、ちょうど1年経ったとわかる仕掛けDEATH。ということでサイト開設3周年です。この1年は作曲家として激動の年で、様々な大きなことがありました。来年はどうなるかまだ五里霧中ですが、変わらず良い音楽だけを作っていきたいと思います。
 しかしコロナのことがあるので、自分もいい歳だし、本当に明日がどうなるかわかったものではないですね。気を引き締めて、それでもあんまり思い詰めても駄目なので、ふらふらゆらゆらしながら暮らしていきたい。最近寝起きは眩暈がしてますわw(低血圧なので……)

 こんな時にお名前を出すのも畏れ多いが、実は冨田勲先生も低血圧体質であられたらしい。それで(かどうか?)、鷲のマークの大正製薬・リボビタンDを愛用されていたらしい。この話を聞いたときは嬉しかったなあ、自分も正に同じものを愛飲していたので(w)。あれは軽い気つけ薬としてもってこいなんですよね。……この話以前も書いたなw まあ同じ体質の人は意外と合法ドラッグ=栄養ドリンクは莫迦にできないよ、って話です、お勧めです。

 いやもう、いかに健康が大切かってことはこの歳になってしみじみ思いますわ。来年は健康も音楽制作と一緒に追及しよう。あっ、最後に誰も興味のないおじさんの体重情報。今日はもう35年振りくらいの驚きのベスト体重。ちょっと絞りすぎでびっくりですわ。

 雪のちらついた極寒の名古屋より。ちょっと気が早いが皆様よい年末年始をお過ごし下さい。

ノーベンバー・クライシス?

 今年はなんとか、個人的健康関連で不穏な期間である、ノーベンバー・クライシスみたいなのを乗り切った模様。しかしあきらかに加齢を感じる今日この頃。体力的なものもかなり落ちてきてるし、自律神経失調症(これは若い頃から直らない)でフラフラしてるしね。あと20年は曲を書いていたいんだけど、冨田勲さんが80歳超えて現役でいらしたから、25年は目標にした方がいいかなあ、などと思ったり。
 しかし、先日もお一人いたけど、50代で亡くなった作曲家は結構いるんですね。演歌の猪俣公章さんも55歳で亡くなっている。八面六臂の大活躍をされた方ほど、若い頃の感覚のままで仕事をしていて……ってパターンが多い気がしますね。

 ここでまたネイチャーニュース。ヤモリがまた玄関に出たよ。家に入ろうとしたら、引き戸の上にいました。ちょうど欄間窓めがけて登っていくところ。そのまま戸を開けるとまた家の中に入ってきそうなので、しばらく待ったり(→動かない)、木の枝で近くをトントンしたり(→やっぱりあんまり動かない)、そのうちに戸袋みたいな部分に入ってしまった。こういう時って絶対誘導に失敗するな。仕方なく自分が勝手口に回りました。が、そっちは雑草の陰に野良猫糞トラップがあり、通りたくないのであった。無事避けつつ(ウンは付きませんでしたw)、家に入る。こいつはこの前のとは種類が違う、よりワイルドな雰囲気。雨の日には、カタツムリも出ます、この玄関前。タイルが張ってあるので、それを好むようだ。まさに身近な大自然。最近はカマキリやバッタが少ないな。やっぱりセミと一緒で野良が食料にしてしまうからか。

 アメリカ大統領選、最終結果判明まで待たされたが、どうやらバイデンに決まってひと安心。アメリカの有権者は気が気でなかったでしょうね、日本人だって浮き足立っていたんだから(w)。
 二大政党制(小選挙区制度)は、色々な経緯で日本にも導入されましたが、こちらではうまく行っているとは言いがたい(例えば自民がヘマをやらかしたら次は民主、みたいなにはなぜかならない)。散々マスコミを動員してこれは良い体制だ、という風に世論を作ったのですが、これも元はアメリカの対日要求ペーパーの項目だったはず、だからアメリカから言われて日本の官僚がそう持っていったのですね。元々これが機能しているのは米国と英国だけという話もあるし、社会の分断を避けるという観点からみると、もしかしたら日本は以前の中選挙区制に戻した方が良いのかもしれない。
 また小泉・竹中みたいなのが出てきて、富の独占寡占を進められたらたまったもんじゃない。日本がマリアナ海溝の底に沈みますよ、富の再配分を進めないと。(と言っていたら、また性懲りもなく竹中が政府のアドバイザーに復活している。本当に日本を破滅させたいのか?)
 竹中のバックって一体なんでしょうね。確実にアメリカが絡んでいると思うけど、どこかのメディアは調査報道をして欲しいものです。
 などと床屋政談で締めるのであった。

ヤモリは動きがクールだぜ

 都会の大自然シリーズ(?)。夜に実家にいたら、今度は野良猫でなくヤモリが出ました。サッシを開けようしたら枠のところに。なぜか部屋の中にいた。これは逃がしてやらないと可哀想だと、そーっと網戸を開けた……つもりだったのに、驚いてサッシの燦に沿って逃げました。こういう時って、なんでうまくいかないんですかね(w)。なんとか追い込まないように逃がしてあげようとしたんだけど、最後はカーペットの下にもぐりこんでしまった。これ以上なんかすると、尻尾切って逃げるだろうし……あれは体組織のかなりの部分だもんね。で、まあ放置したんだけど。何分木造なのでスキマはあちこちにあるから、たぶんどこからかは出られると思うが。

 そういえば、以前は雨の夜になると必ず玄関の上のところの開かないスリガラス窓に、ヤモリが登場してました。あまりに毎回なので個人的には「出勤」と呼んでいたw もちろん明かりに誘われてきた虫をエサにしているのですね。
 そしてこれが、信じられないことに、十年くらい続いていて、たぶんいつも同じヤモリなの。体色や体型でわかる。長生きだなあ、と思っていたが、ある時突然見なくなりました。心配していると、今度は明らかに若いヤモリが同じ場所に出勤するようになりました。体色が若いからわかる。世代交代の時期だったんですね(w)。
 しかしこの若いヤモリも、ある時玄関の中に入ってきて、こちらも慌てて外に出してやろうとしたら、靴箱の裏へもぐりこんでしまった。世の中うまく行かないもんです。
 これ以来ヤモリの出勤が見られなくなってしまってちょっと寂しい。
(ヤモリは一説では屋守と書いて縁起がいいそうだけど…)

 この話にオチはありません。毎回そんな面白いことを言うのは、ヤー無理なんで。ちょっと切れ味が悪いな。

(と、言っていたら新顔ヤモリ発見、小さいからまだ子供だなこれは。夜の玄関のガラスの上は絶好の狩場らしい)

猫のフライングアタック

 久々に日常ネタ。8月の終り頃だったか、夜に実家いたら、突然外でドゴーン!ドゴーン!とただならぬ音がするではありませんか。なんだかそれに混じってバサバサバサ……と昆虫らしき羽音もする。周りが古い住宅街で夜になるとかなり静かなので、余計に音が響く。すわ何事かと玄関の方にいってみると、まだ断続的にドコーン!という音、どうやら何かが外から玄関の引き戸に体当たりしているのですが。スリガラスのかなり高い位置に一瞬密着する白い毛むくじゃらの物体……明らかに野良猫の腹でした(笑)。バサバサバサ……これはどうやら死に掛け?の蝉の羽音。
 つまり、猫が蝉を捕まえようとなりふり構わず暴れまくっているのですね。思わず脱力。ドコーン音はあと2回ほど続き、猫の着地と同時に蝉の音もしなくなった。どうやら捕獲した様子。哀れ蝉くんはドラ猫のお夜食になったのでした。

 てか、以前も玄関前で猫が蝉を捕獲したところに立ち会ったが(←ここにも書いた)、ほぼ夏の間、蝉の死骸を見ないなあと思ったら、弱った蝉はみんなヤツらが食料にしたんかい!?(笑) 自然界、厳しいよ。焼肉定食。

恐るべき植物パワー?

 なんだか梅雨に入ったとか入らないとか発表があったと思ったら、いきなり名古屋も最高気温33度という日々がきちゃって、今年はカラ梅雨かもしれないと思う。
 で、昨日の昼間、実家の庭のアジサイが咲いている日当たりのいい場所をみたら、アジサイすべてが全部しおれかけてて、俯いた状態になってるの(w)。5月末から20株くらい花を付けましたが、ほぼ雨らしい雨もないうちにこんなだから。アジサイは非常に長い間咲いている花だし、こんなにたくさんあっては有り難味もないのだけど(今は薄群青色)、さすがに可哀想になって、ここだけホースで水をあげました。
 で、夜になって見てみたら、全部の株が立ち直って生き生きと花を広げてるんです。この現金な植物パワーの凄さ。こいつらはあなどれん。
 そもそも肥料もなにもやらないのに毎年よく咲くもんです。

 この前まで沈丁花が咲いていたり、その前は椿にロウバイでしょ、これからは牡丹、アメリカフヨウ、シャクナゲ、リンドウ、コスモス……いや自生しすぎだろこの庭(笑)。大自然か。

 実は梅雨に入る前が庭のジャングル化を防ぐための最後のチャンスだと思っていたけど(この時期に若葉を刈っておかないと梅雨→夏の成長期コンボで手がつけられなくなる)、いまはギリギリの段階だなあ。
 もう必死ですよ、おとといは家屋の横のところの狭い通路に生えた雑草を鎌でバリバリ刈り取ったし。裏手にも放置気味だが茂っている、もっとも日が当たらないのでやや成長は遅いが。
 刈って刈って刈りまくる日々、まだまだ続きそう。これは戦いである(w)。

ガンダム話

 なんと今「機動戦士ガンダム」(ファースト)が全話Youtubeでバンダイ公式から公開中なんですね。これ40年以上も前のアニメだけど、今見ると色々と人間描写が深い。第1話なんか、平和な日常が突然ジオン軍に破られてバタバタ一般市民が死んでいく展開で、エンタメだけじゃなくてちゃんと戦争の悲惨さも描いていると思う。流石は富野由悠季監督。
 ガンダムの色々なシーン・台詞回しは今では「ネタ化」していて、その辺りも視聴してて該当箇所が来る度にニヤニヤしてしまう(w)。以下、(またもや)知っている人にしかわからないガンダム話。

・セイラ・マスの「この軟弱者!」(平手打ち)は1話のイメージだったけど2話だった。にしてもカイ・シデンが可哀想。あのシーンよく見ると、エレベーターのボタン押さえてないと行ってしまうから、カイは負傷者に「乗るのかい?」と言っただけ。なのにビンタとは…。セイラのお姫様キャラ暴走!

・アムロ「殴ったね」ブライト「殴って何か悪いか」これが某話のAパート。「2度もぶった。親父にもぶたれたことがないのに」これがBパート。アムロは2回も殴られていた! しかし、ブライトは今でいうマウント取りに来てる。19歳だしアムロ16歳だし、舐められては艦長が務まらんというわけだろう。

・ネタバレを知っていると、セイラが前述のように悪い意味で(?)お姫様のように描写されているのがわかる。とにかく高貴。人を寄せ付けない。しかも強い(w)。それでいてアムロを始めモビルスーツ搭乗員をブリッジから煽てて難しい仕事をさせるのが上手い。よく自分のキャラがわかっている。やはり只者ではない。

 ……などと言っていたら、一部消され始めている。期間限定公開だったのですね、さすがに。

 ガンダムは名古屋テレビの制作だったから、この地方では昔は長い休みになると、再放送されまくってました。だからもう何度見たかわからないんだけど、それでも面白い。富野監督が、後から色々と書き込める「余白」を作っておいたのが素晴らしい、それが息の長いシリーズに育った秘密だと思う。

 BGMもガッツリはまっている良曲揃い。
 それにしても「君は生き延びることができるか」という予告編のフレーズ、今の時代はドキッとする。

(「A・RI・GA・TO」のアレンジは、空き時間にちょこちょこ進行中、です)

猫の楽園?

 コロナ騒動で忘れていたが、すっかり新緑の季節なんですね。なんで思い出したかというと、また実家の庭のジャングルが茂り具合が、いつの間に悪化している……(汗)。もう見映えは全然気にしてないのでそこはいいんだが、上へ伸びる枝は本当に困る。放っておくと電線まで届いてしまうので。万一風かなんかで折れて電線切断にでもなったらご近所に顔向けできない。そんな訳で刃渡り20cmの枝切りバサミでせっせと刈っているんだが、時既に遅しで、もうこいつでも太すぎて切れない枝が上へ出ていて、ノコギリでやるしかない状態。とにかくメンドイ。
 こんな放置庭だから、野良猫の楽園となっており、ちょくちょく入り込んで木陰で休んでやがる猫、少なくとも3匹(笑)。しかも、庭の隅の石の窪みの手洗い場みたいなの、そこに溜まった水が猫の水呑み場。ついでに水草栽培用の大瓶に入っている水も飲んでいく(ボウフラとか一杯いるんだが…)。糞尿もしてくし、本当に困ります。ちょっと前まで恋の季節で、あれはうるさいしね。
 見ているとこいつらも縄張りがあるらしく、茶黄色のボス猫らしきふてぶてしい奴が入ってくると、白黒のブチは慌てて逃げていく。このボス猫は注意していないと玄関の前でウ●チしやがります(笑)。なのでマット類は取り除いた、その上でしやがるからね。腹立つわ。
 どの猫も太っていたり毛色も艶々だから、近所でエサ貰ったりしてるんだろうな、ウチは絶対やりませんが。車もそんなに来ないしイージーモードの人生を送っている猫たち。そういや時々子供産んで子猫連れてたりするが、しばらくすると子猫は見なくなる。どこ行くんだろう。
 野良との闘いはまだまだ続くのであった。

右に見えるTV塔、左はオアシス21

 先日、とんでもなく久しぶりにラジオで松任谷(荒井)由実さんの「中央フリーウェイ」を聞いたんだけど(20年振り?)、ぬおおおこのお洒落感たまらん、ってなってすぐ配信で漁ってリピートしてました(←今更だなあw)。
 今聞くとこれって完全にシティポップですね(当時はニューミュージックの位置付けだったと思った)。メロディ&詩&ボーカルも無論素晴らしいけど(そりゃあね)、アレンジがもう筆舌に尽くしがたいほどのお洒落でたまらんですわ。無論、ご亭主の松任谷正隆さんの編曲(エレピも)ですが……(当時、お二人はまだ夫婦になられていない)。

 発表年代調べて仰天したんですが、なんと1976年だって!てっきり80年代中期のイメージでしたよ、このサウンドで70年代中期って、まあどこを取っても超絶的なセンスです……。いやもう、世間から遅れること40年、ようやく「中央フリーウェイ」の真価に気付きました(w)。
 あくまでAORじゃなくてその前段階のシティポップですね、これは(無論優劣などない)。ちょっと「クロスオーバー」のフレーバーがあって、だからいい感じにシックな味もする(クロスオーバーは後にフュージョンに進化)。

 しかし、1976年で「中央フリーウェイ」(アルバム「14番目の月」に収録)でしょ、スティーリーダンの「Aja」が1977年なので、はっきり言ってリーダン(略すな)なんて雑魚やん(w)。それは冗談にしても、完全にシティポップ/AORなんかは、日米同時進行・進化にしていたのがわかりますね。1976年のリーダンのアルバムなんて、これよりはるかに未整理で未洗練ですよ、まだ。
 だから、この系統の音楽は、海外からも物真似なんていわれる謂れも心配も全くない、日本ルーツの音楽でもあると、かねてからの持論がまた補強できました。
 そりゃあ竹内まりやさんの「プラスチック・ラブ」が海外リスナーに大ウケするわけですわ。次はこの曲の再生回数が爆発しても不思議じゃない。

 それにしても、初期のユーミンさんがシティポップでもあったとは、今回新たな発見がありました。勉強不足で代表曲以外はあまり聞いてこなかったので、今後の研究は自分の課題。(しかし他に積んでるCDも一杯あるからな~、いつになるか。もう弱気)

 なお「右はTV塔、左はオアシス21」とは名古屋セントラルパークウェイのことだぎゃ。

●追記
 Wikipediaによると、「1975年12月にアレンジャー・松任谷正隆と婚約、1976年11月29日に横浜山手教会にて結婚」とのことなので、このアルバム録音時は婚約はされていたようです。

プラスチック収納の解体

 実家の古いプラケース収納(引き出し3~5段ついてるやつ)、あれって正式な名前はないんですかね(プラ小型タンスか?)、もう使わないので処分しようと思ったのですが。
 名古屋だと、プラスチックごみは可燃ごみなので、小さなものはそのまま捨てていいんだけど(例えばCDやカセットテープはOK)、こいつは一辺30cm超えているんで、そのままでは無理。もしそのままなら粗大ごみで有料。
 なので解体して捨てようと計画立てたのですが、それからが大変。もしやチェーンソーでいけるかと思い調べたら、意外にもチェーンソーはプラ切れないそう。なんと熱で溶けてしまい刃にこびりついて故障の原因になるとか。あぶねえあぶねえ。
 そこで、手動で……という方法しかなくなってしまい、家にあった木工用ノコで切ってみた。はじめて3分で後悔(w)。切れない。どえりゃー力がいるでよ(名古屋弁)。プラの引き出し1個切るのにまあ30分は軽くかかりました。
 これはたまらんと、プラ用ノコをアマゾンで購入。OLFAのやつ、レビューでも好評だったし切れ味に期待していたのですが、いざ試してみたら、それほどでもなく(w)。まあ2倍速くらいでは切れるけど、1セット分解するのに1時間くらいは掛かった。ある程度小さくしないと可燃ゴミでも持ってってくれないので。
 結局、プラ収納セット2組くらい解体したら、もう当分は結構、という感じになってしまった。

 こういう収納も、いまどき捨てるときのことを考えないと痛い目に遭うとわかりました。一番解体楽なのは、やはりダンボール箱か? 次点ではカラーボックスかなあ。
 もう使わないタンス(木製のやつ)とか、どうしよう。って粗大ゴミに出す以外ないのだけど。根性でチェーンソーで解体できないことはないが、こってり疲れそう。
(もう家具は買いたくない。だからベットも買わない、布団派です。邪魔だし、壊れたときのことを考えたらねー)

 ん?まさかタンスって、改造したら録音ブースの代わりに……ならないよなあ(w)。