カテゴリー: 音楽制作

「見つけて群馬」配信開始

 先日こちらでPVをご紹介したご当地ソング「見つけて群馬」ですが、主要各配信サイトで配信が始まりました。

アーティストページ
https://www.tunecore.co.jp/artist/Hikari-maoji

 気鋭の新人演歌歌手「ヒカリ真王子(まおじ)」さんの熱唱が光るコミカル曲です。ソフトで甘いハートフルボイスでの演歌は、現代的で稀有な存在感です。
 これからぐんぐん活躍されていく方なので、いまヒカリ真王子さんのファンになっておくとおトクですよ。どんどん階段を駆け上がっていくところをリアルタイムで体験できます。こちらの奥様方や、そちらのお嬢様方も、いかがでしょうか。

メロ作りの苦労

 歌物を書き始めて意外だったのは、メロディとは結構人工的に作らなければならないものなのだ、ということ。何となく、ふとした瞬間に一曲分のメロディが全て無意識に出てくるじゃないか、と普通の人は思いがち。ところが違う(まあ世の中にはそんな作家もいるかとは思いますが)。ふと浮かぶとしてもそれはワンフレーズだけだったりして、そこから発展させるのは(再度の霊感はあるにせよ)結構人工的な作り方をしないといけなかったりする。そうしないと、類型的だったり陳腐なメロディになることが多いです。
 自然なメロで、適度に意外性もあり、印象に残り美しい。曲調によって元気だったりアンニュイだったり跳びはねたり……そういうところも満足させないといけない。なので、どうしてもある部分は計算しつつ人工的作っていきます。むしろ大変は感覚的に作るんですが(w)。
 そして何度もプレイバックして、歌詞と合っているかも確認する。(メロのせいで歌詞が滅茶苦茶変なイントネーションになったら最低だしね)

 以上は、メジャースケールだったりマイナースケールの曲の場合の苦労。
 ここでチャーチモード・スケールのメロを書こうとすると、今度は近隣(?)のメジャー&マイナースケールに引っ張られないよう、細心の注意を払って作らないといけない、という苦労も付加される。うかうかしているとすぐ引っ張られますね、やはり誰でもそれに一番慣れているから。特性音をちりばめつつ、また歌詞を睨んで不自然なイントネーションにならないよう、主音を外さないよう作っていく様は、まさに人工メロディ(笑)。インストだったらここまで苦労しないだろうけど……歌物だと歌詞に加えて、歌唱可能音域の問題も出てくるので。

 まあ、こういう風に書くとかなりの苦役に思えるかもしれませんが、実際はメロ作っている時は楽しいもんです。
 なんのかんのいって、インスピレーションは一番大事。結局そこか(w)。

「見つけて群馬」公開

 昨年当方で制作させて頂きましたコミカル調のご当地ソング「見つけて群馬」が、Youtubeで公開になりましたので紹介させて頂きます。

 群馬県のご当地ソング(演歌)なので観光地の名前を曲の中に織り込んでいます。歌は演歌歌手の「ヒカリ真王子(まおじ)」さんです。
 皆様どうぞよしなにお願い致します。

オーディオ機器復活

 今の自分の制作のご依頼だと、ミックスもマスタリングも一緒に頼まれることが多いのですが、そうすると最終的な音の調整が無論難関になります。それは音圧だったり音質だったり色々な意味でのバランスだったり……。制作用モニタースピーカーで調整できたらそれで完成ではなく、最終的にはCDに焼いて様々なオーディオ機器で再生して確認しています。ラジカセ、ミニコンポ、仕事部屋のステレオコンポ等……。

 で、その中に実家のステレオコンポがあって、これはミニコンポではなくフルサイズでン十万もしたセットなので、当制作スタジオ(?)ではラスボス的な再生装置なのですが(w)、こいつが実は古い。考えたらもう40年経っているんです。ところがこれが現役なのですね。さすがにレコードプレイヤーはアームがイカれたし、カセットデッキ2台は既に撤去済みですが。アンプとスピーカーはピンピンしてますねえ。最盛期の日本のオーディオメーカーの実力恐るべし。
 とはいえ最近はガリも酷いし、うかうかすると片方スピーカーだけ音が途切れるし、これはいよいよリプレースの時期か、と思ってました。で、一応駄目もとでスピーカーケーブル替えてみたら……完全に蘇りました(笑)。おい、ケーブルが断線しかけてただけかい、っていう。

 まあただ、ちょっと手持ちのケーブルがお安いやつだったんで、音質が如実に痩せて悪くなっちゃったので、少し奮発して元のレベルに戻すか、って計画中。ケーブルは意外と音質に影響します、コストの割りには影響力大きい。そして確実に劣化するので消耗品でもある。
 ちょっとメンテすればまだまだ使えそうなので安心した。音楽制作での利用だと、超ハイファイを目指すのではなく、リスナーの家庭にある再生装置を想定しなければならないから、この体制はなかなか良い。
(思い出した、CDプレーヤーはもう30年持ってますね。化け物かい)

Spotifyプレミアム

 最近Spotifyのアカウントをようやく取って、2週間後プレミアムにしてみました。しかし音質も大して変わらない気がする、割り切った方が良さそう。無料期間が終ったら延長微妙。一応良い点は、Youtubeと違い映像はないので音楽に集中できるのと、公開プレイリスト機能ですね。全米ヒットチャートを追ったりするのには便利そう。一応文句はこれくらいでw

 某アーティストさんの配信シングルをSpotifyで聞いていたんですが、流石天下を取った人(達)は違う、宅録&自家ミックス・マスターなのにこのクオリティ。ボタンが一杯ついてる楽器以外は打ち込みだそうですが、たぶん音源もDAW付属のものじゃなかろうか、ローファイな感じなんだけど、曲や(更にいえば)アーティストイメージに合っていてとても面白い。この人達は必要ならいつでも生ブラスなり生リズムを呼べるわけで、配信という点を活かして打ち込み色を出したのは正解かと。やっぱりこういうのは最後は使っている音源じゃなくセンスの問題ですね。
 ボーカルのかたの表現の精度もすごい。もうプロデューサーの指示とかなしでも家でここまで録れるんですね(バンマスさんの事前の話はあるんでしょうが…)。
 曲もバラエティに富んでるし、ソングライターとしてのバンマスさんの才能はやはり特別。こういう人に睨まれたくないなあ、なんかオレ失礼なこと言ってないよなー、とかね(笑)。あ、もしや偽者?とかに注意ね。
 本当に日本の音楽界における唯一無二の存在という感じ、音楽界のエイリアンでしょうか。(当然ちゃんとDLで聞いたらもっと良い音なんだよな…) インスト曲もユニークで面白かったです。

 もうお一人、配信で聞いたアーティストさんのシングル。こちらはもう、オートチューンも使って今の売れ線J-POPド真ん中という感じの曲。この方はフリーになって2曲目なんですね、敏腕プロデューサーさんの手腕でアレンジからトラックメイキングまで鉄壁の品質、配信に最適化してありますね。実は最初聞いたときチューンいるかな?と思いましたが、すぐハマりました(w)。曲も面白い、突き詰めた表現があります。ただ、全体を通して聞くと展開がやや唐突で、最初の「耐える女」みたいなとこと整合性がない…ような? もうワンコーラス増やしてクッション入れた方が説得力あったかも。だから惜しい感じがした。この人も自分のものをほぼ掴みつつある、成長スピードに目を瞠ります。

 いやー、今後とも楽しみなアーティストさんばかりで、業界の未来は明るいな。日々是精進、自分も頑張っていきます。色々と音楽制作の仕事を振って頂いてますのでね。

ソフトシンセDUNE廃番

 人類の三大発明といえば、車輪・火・そしてシンセストリングスである。というくらいシンセストリングスといえば素晴らしいもので、生の弦と違うのにポピュラー音楽における重要性は同じくらい高いのですが、そのシンスト(略)が非常に美しいシンセが、Synapse Audio Software社の「DUNE」です。……いや正確には、でした……というべきか。なんと、先日同社のサイトを見たところ、廃番になっているではないか! そ、そんなぁ~。

 DUNEはソフトシンセで、つまりパソコンの中でプラグインとして稼動するソフトなので、一見永遠に存在するようにも思えます。ところが、違うんだなこれが、OSなどのバージョンアップに従って、動かなくなったり不具合が出ることがある。こんなとき現行製品ならバージョンアップしてもらえる可能性が高いが、ディスコン(廃番)品だと、たぶんそのまま歴史の闇に消えていく運命。これは悲しい。

 どうも同社の方針として、DUNEシリーズは次々に最新版を出していく感じらしい。DUNE2が出た時はまだ無印DUNEは売っていたのに、DUNE3が出たタイミングでDUNE/DUNE2がまとめてサイトから消えています(怖)。
 いつかはDUNE2を入手しようと思っていた矢先、これはつらい。独特の存在感、不思議な異世界感のあるサウンド、という基本コンセプトは同じだが、DUNE1は歌物向きの汎用シンセ、DUNE2はよりEDMに的を絞った製品という印象。当然自分はDUNE1の方が良いわけですよ。DUNE3は2の直系の後継という感じだが、まだデモ版も使ってないので正確にはわからない(汗)。

 今は世界的にはEDMが売れ線なので、新しいソフトシンセがそっち方面にばかり対応していくのは仕方ないが、歌物に使えるようなものが減っていくのはちょっとつらい。まあ他社でも探せばありますが…(あと、日本のインタネ社は、ディスコンになったLinPlug社のソフトシンセをサポートしてくれているので、ABILITYでは使えるので嬉しい。LinPlug製品も歌物向け、故に同社は廃業したと解釈しているw)。
 この業界もパイが小さいのですね。Synapse Audioも本業はシステム開発かなにかだろうし。(経営者の趣味で音楽ソフトを出している感じ)

 しかしDUNE1のシンセストリングスは何物にも替えがたい。また何かの機会にソフトシンセ巡りをしなければ、と思っている。
 こういうソフトシンセも、いってみれば一期一会なのですね。ある期間使えて、それで曲が作れればよしとしなければ。決して永遠ではないもの、のようです。
(これがハードシンセだと、逆に後からエミューションやソフト版を出して貰えることはあるが…)

(と思ってDUNE3のプリセット紹介動画みたら…おぉ、ええやん!これなら歌物もOKだぜ。ただ自分はまだまだDUNE1を使い倒していくw)

アフロな「JIMSAKU IN THE HOUSE」公開

 とうとう完成、さきほどYoutubeで公開しました。

 今回は、アフリカンなエスニック色を取り入れ、「リモートアフロmix」としました。

 原曲は4バージョンほど公開されていますが、その中からドラムのみ・ベースのみの動画を使っています。DAWのトラックにいれてモニタヘッドフォンで聞くと余計にわかるのですが、とにかくお二人のアンサンブルは鉄壁。素晴らしいグルーブ感とコンビネーションで、完璧すぎてこれまた付け入る隙がない(w)。
 そこで、あえてドラムだけ、ベースだけのパートを作り、楽器やループを重ねました。これでドラム+ベースに戻すと、アンサンブルの良さが際立つということもあります。
 今回は、クラブ色のある曲と思いましたので、コンストラクションキットみたいやつでループやらボイスも積極的に使っています。
 随分変えてしまったけれど、これまた怒られないかな~?

(曲よりも動画制作で四苦八苦したのは内緒ですw)

「JIMSAKU in the house」in youtube

 実は、先日の野呂一生さんの「A・RI・GA・TO」に続いて、このような超・見逃せない参加型動画もアップされています。

 JIMSAKUといえば、言わずと知れたドラマーの神保彰さんとベーシストの櫻井哲夫さんのフュージョンのユニットです。ちょうど結成30周年だそうで、プロジェクトが立ち上がっているのだとか。
(この曲は、神保さんがこの企画のために書き下ろした新曲)

 カシオペアを聞いて育った人間としては、何もしないわけにはいきません。いや、むしろやるな!と言われてもやります(笑)。
 ドラムだけ、ベースだけ、という動画もアップされているので、かなり面白いことができそうです。
 というか、もう数日前から色々と試行錯誤してます、例によって仕事の合間を縫って。
(大変有り難い話なのですが、また2曲ほどお仕事を振って頂いています、今←もちろん別口ですよ)

 完成したらまだ動画にして公開したいと思います。乞うご期待!?

TOP OF THE WORLD

 「TOP OF THE WORLD」はカーペンターズの曲ですが、今の自分はまさに世界の頂上にいる気分……。
 なんと先日Youtubeに上げた「A・RI・GA・TO」のアレンジに、野呂一生さんご本人からコメントを頂きました。なんともまあ勿体無いと言いますか一体なんと表現すれば……。
 「ひえっ」と声が出てしまったことは事実です。その次に、悪戯(騙り)ではないかと思ってしまったのは内緒です(汗)。他の方のコラボ動画を見て、そちらでもコメントされているのを見て、ようやくこれはご本人だ!と……。
 そりゃそうですよ、あの野呂さんですから。人に言っても信用しないんじゃないかな? 少なくとも数年前の(音楽マニア時代の)自分に言っても絶対信用しないでしょう。
 音楽やっているとこんな驚くべきことも起こるのですね、音楽本当に凄い、そして怖い。
 怖いって書いたのは、本当にいいのかな~という名状し難い不安(正直ビビってます)。頂上って書いたけど、そこから足を踏み外せば奈落……うーん(w)。

 とりあえず、これを励みに、カシオペアっ子として育った不肖この私、引きこもり系(リモート?)作曲家として今後ばく進、邁進します。
 とり急ぎ決意表明。しかしいいのかな、これ…。嬉しさ半分、不安半分。まさかこういう気分になるとは。
 実は2020年は何かありそうだなーと年始に思っていたんだけど、これだったのか。