タグ: UVI

Grand Cassaとは?

 自分のオーケストラ曲は、「UVI Orchestral Suite」という音源で作っているのですが、打楽器類も充実していて、その部分も下手な専用音源より使えたりする。まあガチのクラシックより、ポップス・オーケストラや劇伴向けだと思う(ハリウッド系のオケ音ではないが)。

 で、ここに入っている打楽器で、Timpani、Cymbal、Snare、と来て、Taikoというのがあって。これまさか太鼓じゃないなよなあ?と思って調べたみたら、本当に和太鼓(大太鼓)だったのです。
 なんと、欧米のオーケストラで、別にジャポン風の曲でなくても、現代では大太鼓が割と普通に使われることがあるらしい。確かにティンパニとはかなり質感の違う音なので。保守的に思えるフルオケも、案外打楽器については柔軟なんですね。
 考えたら銅鑼も、Chinese Gongですが、元々中国の楽器だけどオケでよく見かけるもんね。

 ここで問題ですが、この打楽器のパッチのならびに、Grand Cassaという名前がありました。さてこれはなんでしょうか?(ヒント:皆様よくご存知のアレです)
 答えは、ドラムセットの必需品……一番デカイの……そう、バスドラムでした。
 なんでこんな変テコな名前になのかわからないのですが、どうもペダルでドコドコやるんじゃなくて、ティンパニのようにマレット等で叩く感じらしい。
 大太鼓の本家本元的なやつらしく、Youtubeで検索すると演奏動画が出ますが、結構サイズは大きい。ティンパニより下の音域。

 同じ楽器でもジャンルが違うと呼び方が全然変わったりして面白いですね。コントラバスも、軽音楽の方に持ってきたらウッドベース、ダブルベース、アップライトベース、アコースティックベースと色々と名前が変わってしまうし。
 自分はバイオリンとフィドルが全く同じ楽器だとは、結構最近まで知りませんでした(w)。(厳密にいうと違う部分もあるらしいけど…)
 バイオリンも、由緒正しい正統派クラシック楽器に思えるけど、意外と民族楽器としても使われているんですね。

ハープシコードの不思議

 先日書いた曲でハープシコード音源を使ったのですが、面白いことに気付いた。あの楽器というのは、ピアノの前に発明された鍵盤楽器なので(バロック時代)、鍵盤をどんな風に弾いても、音の強弱がつかないのですね。つまりずっと同じ大きさの音。
 で、まあサンプリング音源の方も、ちゃんとそのあたりを再現していて。鍵盤を弾く強さは全く関係なく音が出ます。
 クラシックのバロック系の曲ならそれで良いのですが(インストとか)、今回は歌物だったので、このベロシティ固定はどうか、とふと思いました。やっぱり歌物なら鍵盤楽器は強弱付けたいし。

 で、音源をよく見ると、これが手回しよくベロシティ(強弱)付きのパッチも入ってました。ベロシコード、とかなんという無様な名前(w)。これは、と早速使ってみたのですが。
 結果……大失敗(笑)。あのきらびやかな音で、ベロシティが付くと、とんでもなく奇妙な感じ。具体的には、音だけハープシコード似の超ヘンテコ楽器。すぐに元のパッチに戻したよ。

 だから、人間の耳ってのは本当に優秀で、ハープシコードは強弱固定、というところまで含めて認識してるんですね。自分なんかはクラシックをそれほど聞いているわけじゃないが、明白。
 楽器というのは、制限があるからこそ楽器、そこまで含めて楽器なんですね、特に世界に広まっているものは全部そう。
 だからまたまた、今のサンプル音源は本当に優秀だなあ、と思ってしまった次第。

(正確にいうと音を大きくする方法はあって、それは打鍵に対してスイッチでオクターブ上や下の弦を重ねるって方法。オルガンと同じで8’に16’とか4’を足すってことらしいです←ボヤッとしてるな、おいw)

●おまけ

 この数日、アーティストさんのYoutubeライブやインスタライブを拝見。インスタは最初PCでライブ見られないのを知らなくて、見逃してストーリー?(録画)になってしまった。恐れ多い話ですが、生放送は人となりが見られて身近に感じられて良いっすね。でも見てる時間捻出するのがもう今の時点で限界(w)。何はともあれ流石最前線にいる方々の生演奏は素晴らしいのひとことに尽きます。もちろん普通にYoutubeの演奏動画も拝見してます。こういうのもネット完結で見られる時代になったんですねー。

「UVI Orchestral Suite」の使用感

 ちょっと前から導入してフルオケ系の曲で使っている標記の製品ですが、かなり良い感じです。(最近の自分のそれ系の曲は全部コレ)
 といっても、実はガチ・クラシックの音じゃなくて、かなりPOPS/劇伴の方にターゲティングしてある印象。だから、DTMで本格クラシックをやりたい!という人は、買うと後悔するかも? 自分はまさに軽音楽系なので良いのですが。

 具体的な音の方向としては、かなり印象派っぽい感じかな? 全体的に濃密で色彩感が強い雰囲気。上品で華やかです。やはりこんなところはフランスっぽいなーと思う。(UVIはフランスのデベロッパー)
 よくあるハリウッド系オケの音とは一線を画してますね。

 お値段お手頃で容量が少し抑え目ですが、決して安かろうナントカでなく、かなり考えて奏法とか厳選してある感じで、悪い印象はありません。ストリングスなんてクラシックでしか使わないようなアーティキュレーションはない代わり、Run Up/Run Down(駆け上がり・駆け下がり的な?)なんてのがあったりする。割り切って劇伴なんかに使ってくれ、ということなんでしょうね。

 その証拠に、そっち方面で出番の多いパーカッションは種類も奏法もかなり充実してる。下手をすると単独製品より奏法が揃ってるのもあったりする(笑)。
 弦や管のソロの音も、いかにも劇伴なんかでメロを弾いたりすると合うような音。奏法は必要最小限ですが。

 クワイア(コーラス)まで入っていますが、男声・女声・混声、そして少年合唱まで入ってる(!)。これ、かなり力の入った出来で、少年合唱だけ奏法がたくさんあったりする。非常に美しい収録です。

 何もいつも全部一緒に使う必要もなく、単独のパートだけ使ってもいいし、かなり使い勝手は良い。
 今思い出したけど、こういうPOPS系の音って、ボストン・ポップス・オーケストラみたいな、あっち方面を狙っているのだろうな(→ボストンフィルがPOPSや映画音楽なんかを演る時の別名。日本でも新日本フィルが別名で色々録音してたりしますね、昔は世界中でこういう企画が一杯あった)
 まさにそういう系統の音で、なかなか良いところを狙ってきたなあという印象。正直UVIはMelloとかシンセサンプルのが酷かったんで、かなり心象悪かったんだけど(笑)、これで結構見直しました。

またAudiostockに4曲追加

 4曲追加です。下手するとここでの紹介が間に合わないな、こりゃ。
 まあさすがに今後はこんなペースでは続きません。ストック曲も追加してるから。

 えーとこいつは、「Splash Pan」という曲で、スティールドラム(パンドラム、と言ったりもする)をフィーチャーした夏向けの曲です。ニューラテンというか、トロピカルポップというか、そういう路線。この楽器の名前は知らなくても音は絶対知ってると思います、カリビアンな曲でよく入っていますね。もちろんそっち系統のフュージョンでは定番の楽器だったりする。ブラスも入って賑やかに、ガッツのあるリズムセクションが4つ打ちでガンガン来ます。

 「Astral Joy」、アコーディオンをフィーチャーした、フルオーケストラ曲です。このアコは左手の動きもある独奏タイプの演奏なので、かなりキます。アコはもともと右手+左手でメロからコードからベースから一人で弾けてしまうスーパーアナログハイテク楽器。ボタン1個でコードが鳴らせたりします。中間部ではタンゴになるという意外性。こういうタイプの曲にもUVI Orchestra Suiteはずばり合う。

 「Crystal Ashore」、少年合唱を取り入れた曲。キーが高くて楽しいです。かなりGoodな音色だけど、なんとこれもUVIに入っているもの。相当力入ってます。一見ビブラフォンのような澄んだ音色は、グラス・チェレスタ。こいつはアップライトピアノのような形状の鍵盤楽器なのですが、弦の代わりに金属板を叩くようになってます。機構音が微かに入るのが実に音楽的でよろしい。(そして、こいつはそれの特別バージョンらしく、金属板でなくどうやらガラス板を叩いています。非常に良い)
 途中から入るチェロのメロにどきっとしていただけたら大成功。

 「Funky Tacker」、ここのデモ曲だったやつ。

Audiostockに追加・オーケストラ曲&ピアノソロ曲

 また2曲追加しています。
 1曲目、なんとフルオーケストラ曲です。初めてじゃないが、まあ本格的なのは初めて。4日くらいで書いた。やればできるもんですわ。

 書いてある通り、ジョン・ウィリアムズの向こうを張って(←大きく出たな)、ハリウッドの超大作映画のテーマのつもりで作ってみた曲。
 この前「UVI Orchestral Suite」を導入したんですが、これが大変具合がよく、即座にフルオケ曲を書いてみたくなったので。
 イメージとしては、帝国軍のデススター的な超兵器が、反乱軍の惑星をビームで消滅させながら、宇宙を快進撃していく感じ…かな?

 テーマはトランペット(セクション)の2声(3声にすると暑苦しかった)で、更に補強のためにトロンボーン(ソロ)をユニゾンで鳴らしています。
 もっと派手にしようかと、オクターブ上のユニゾンで試しにピッコロを鳴らしてみたら、あらまあ驚き。高校野球風になってしまった(笑)。
 よく思い出してみれば、ブラスバンドでこういうアレンジ(ブラス+ピッコロ)ってありますもんね。こんなオケアレンジの常套句ってのは一杯あるんだろうな。

 ストリングスセクションのトップノートのオクターブユニゾンで、フルートを鳴らしてみたら、「ああ、この感じフルオケ曲でよくあるわ」ってなりました。これは大成功。

 とりあえずオケの弦は難しく考えなくても5声で書いておけばなんとかなるようです。上から第1バイオリン、第2、ビオラ、チェロ、コントラバスですね。これ守るだけで途端にオケっぽくなります。乱暴だけど劇伴なんで、まあ。

 リズムはティンパニが8ビート(8分音符)で入ります。あとスネア。
 すべて前述のUVIのやつからですが、どの楽器も非常に高品質で、かなり使えるプロダクトって印象。クワイア(コーラス)もパイプオルガンも同じ。

 こいつはピアノソロ曲。偶然ですが、これもUVIのピアノ。元はスタインウェイのコンサートグランド・モデルDのサンプリング。やはり、というか、かなりクラシック向けの音。
 3拍子→4拍子→3拍子になる曲。ピアノソロなんでテンポが揺れます。

Audiostockに参戦しました

音楽素材販売サイトのAudiostockで楽曲を公開しました。

 5/1に5曲送って、5/3にはもう3曲審査通過して公開されてました。1週間くらいは掛かると聞いていたので、運よくかなり早く審査してくれたらしい。連休で提出者が少なかったか。普段は一日平均100素材が新規に公開される恐るべき場所なので。それにしてもGW関係なく営業中とは、ありがたやありがたや。

それで公開されたのが以下の曲。



 翌5/4になって、残り2曲の結果。1曲はノイズ混入のため要修正、もう1曲は水準に達していないためという理由で審査不通過。

 ノイズ混入、波形を見てはじめて指摘箇所でレベルオーバーしているかも?と気付く、耳で聞いてもほぼわからないレベルのもの。かなり詳細にチェックしているんですね。(この理由で落とされる話はちょくちょく聞く)
 ちょっとマスタリングで音圧を上げすぎている、あるいはアウトシーリングが高すぎてなんかの拍子に0dB超えてしまったんだろうと。

 そして水準以下って方の曲。
 これはたぶん、曲中に「悪ふざけ」の箇所があるからだろうと予想(w)。要はこの前の曲ですが、実はこれ通るかな?と半信半疑ではありました。楽曲のクオリティは多分問題ないと思うので、BGMとしてふさわしくないと判断されたということでしょう。実際、Audiostockで公開されている他の方の曲を聞くと、コミカルな曲はあっても、悪ふざけ系はなさそうなので。至極真面目な音楽が多いって印象。そしてもちろん、これはジャンク曲だなぁ、ってのが全く見当たらない(だから、品質チェックをしっかりやられているんでしょうね)。

 こういうサイトで3曲ちゃんと審査に通ったのは、やはり正直言って嬉しいですわ。
 要はここのデモ曲から選んで送ってみたわけですが、良い腕試しになりました。

 ここは新規参加すると最初は投稿枠が5曲ですが、水準以上と判断されたらすぐ50曲まで増えます。次が無制限らしい。自分も50曲になったので、そこまで挑戦してみるかという気に、今かなりなっている。3-4日で1曲のペースなら、年末までに達成できるんだよなあ。「早く高品質な曲を書くこと」の鍛錬になるしね。どうしよう、おらワクワクするぞ。