タグ: シンセ

ベリンガー考

 Youtubeを見ていたら、ベンリガーの新製品リークという海外動画が出てきて、それによると今年は34種ものシンセ新製品を出すらしい。ちょっと前の動画なので、実際リーク通りの製品がもう出てるのも結構ある。
 あきれたなーなどと思いながら結局最後まで見たんだが(w)、これが全部過去の他社製品のリイッシュー(コピー)か派生品なんですね。もう徹底してるな、ここは。

 確かに、値段も安いし心を動かされるものもあるんだけど、こんなものばかり売れたら、オリジナルのメーカーが(例え現行品じゃなくても)潰れちゃう可能性がある。下手をすると現行品もコピーされてるから。moogとかKORGとかRolandなんか、ベリの大好物だもんね。(特にそろそろRolandはベリを訴えた方がいいんじゃないか)

 まあ自分もベリは買ってしまっているから、あまり強いことは言えないが(汗)、それでもオリジナルメーカーへの尊敬は忘れずにちゃんと現行品も買ってますからね。
 遊びならともかく(って本当は良くないが)、シリアスに音楽をやりたいなら、やっぱりベリのコピー品は避けるべきですね、実際音がイマイチのことが多いし。なにか最後のマジックがない。
 それでもモジュラーのSystem100は奇跡レベルの出来で、今は使ってますが、これも壊れたら買い直さない方がいいかと思い始めてる。(moogコピーは、前も書いたが他人の空似)

 ベリの値段が安いのは、もちろん開発費を掛けてないからですよ。どのメーカーも某大な時間を設計と試作に費やして自社製品を完成させてるんだから。それを(根幹部分は)パクってりゃ、そりゃ安く作れるよね。

 やっぱり、ベリンガーをあんまり持て囃してはいけないと思いました。(先頃出た20万円のOB-Xaのコピーも、自社デモ動画は良かったが、ユーザーデモを見たら、容赦なく本物との違いを強調されてた。コメント欄も酷評連続)

 一応念のため、KORGの海外製品リイッシューは元のメーカーにお伺いを立てているので、セーフだと思います。出来も大変良いしね。

(今回、わかっている人には今更な話だったかもしれません。自戒を込めて)