日別: 2019年5月20日

フシギな物体発見

 ドライブがてら、ちょっと遠くのホームセンターまで買い物に行ってきた。

 そこの駐車場はかなり広いのですが、その片隅になんだかユニットバス・ユニットというか、マイクロキャンピングカーというか、白いポッド状のものが置いてあって。
 以前も見かけたが、これ実は津波救命シェルターなんです。津波が来たらこの中に避難してハッチを閉じれば、とりあえず数日間は生きられますよ、的なやつ。その間に救助を待つ。
 お値段198万円から、上級国民専用。棺桶サイズの下級国民用もあるよ、こっちは70万円。
 面白いのでスマホで撮影してたら、外人っぽい人もきて撮り始めた。ちょっとした面白写真スポット? しかしこれはインスタ映えはしないなぁ。
 
 ふと、もしかしたら普段からここに引き篭もって生活していれば、東南海地震で大津波が来ても助かるかもな?……なんて思ったりね。
 まあ、自分みたいなもんは、こういうところで一人で曲を書いているのがお似合いなんですよ(w)。
 とはいえさすがにスタジオ代わりには使えないと思うが、案外DTM部屋としてはいいかも?なサイズ。ただ絶対防音ではないが(ヤマハさん、防音室アビテックスにシェルター機能付けて売るのは如何? ちょうどボートも作ってるしw)

 でも案外こういうのって、メンテもせず長年おいておくと、どこか不具合が出てきたりして、いざという時に錆びてハッチが開かないとか、逆に穴が開いて水が入ったきたとか、ギャグみたいなことが現実に起こりそう。耐久年数30年ってパネルに書いてあったが、これは安心料200万の対価としてどうなのか。(そして廃棄する時、またかなりのお金がかかるはず)

 うーん、これ、そもそも庭においておいたらさぞかし目立って恥ずかしいよな。やっぱり、いりません。潔く津波に流されますので(笑)。

(そもそも、名古屋の内陸部じゃ、東日本大震災のような津波はこないな)