日別: 2018年5月13日

Audiostockに追加・オーケストラ曲&ピアノソロ曲

 また2曲追加しています。
 1曲目、なんとフルオーケストラ曲です。初めてじゃないが、まあ本格的なのは初めて。4日くらいで書いた。やればできるもんですわ。

 書いてある通り、ジョン・ウィリアムズの向こうを張って(←大きく出たな)、ハリウッドの超大作映画のテーマのつもりで作ってみた曲。
 この前「UVI Orchestral Suite」を導入したんですが、これが大変具合がよく、即座にフルオケ曲を書いてみたくなったので。
 イメージとしては、帝国軍のデススター的な超兵器が、反乱軍の惑星をビームで消滅させながら、宇宙を快進撃していく感じ…かな?

 テーマはトランペット(セクション)の2声(3声にすると暑苦しかった)で、更に補強のためにトロンボーン(ソロ)をユニゾンで鳴らしています。
 もっと派手にしようかと、オクターブ上のユニゾンで試しにピッコロを鳴らしてみたら、あらまあ驚き。高校野球風になってしまった(笑)。
 よく思い出してみれば、ブラスバンドでこういうアレンジ(ブラス+ピッコロ)ってありますもんね。こんなオケアレンジの常套句ってのは一杯あるんだろうな。

 ストリングスセクションのトップノートのオクターブユニゾンで、フルートを鳴らしてみたら、「ああ、この感じフルオケ曲でよくあるわ」ってなりました。これは大成功。

 とりあえずオケの弦は難しく考えなくても5声で書いておけばなんとかなるようです。上から第1バイオリン、第2、ビオラ、チェロ、コントラバスですね。これ守るだけで途端にオケっぽくなります。乱暴だけど劇伴なんで、まあ。

 リズムはティンパニが8ビート(8分音符)で入ります。あとスネア。
 すべて前述のUVIのやつからですが、どの楽器も非常に高品質で、かなり使えるプロダクトって印象。クワイア(コーラス)もパイプオルガンも同じ。

 こいつはピアノソロ曲。偶然ですが、これもUVIのピアノ。元はスタインウェイのコンサートグランド・モデルDのサンプリング。やはり、というか、かなりクラシック向けの音。
 3拍子→4拍子→3拍子になる曲。ピアノソロなんでテンポが揺れます。