日別: 2018年5月6日

Audiostockに参戦しました

音楽素材販売サイトのAudiostockで楽曲を公開しました。

 5/1に5曲送って、5/3にはもう3曲審査通過して公開されてました。1週間くらいは掛かると聞いていたので、運よくかなり早く審査してくれたらしい。連休で提出者が少なかったか。普段は一日平均100素材が新規に公開される恐るべき場所なので。それにしてもGW関係なく営業中とは、ありがたやありがたや。

それで公開されたのが以下の曲。



 翌5/4になって、残り2曲の結果。1曲はノイズ混入のため要修正、もう1曲は水準に達していないためという理由で審査不通過。

 ノイズ混入、波形を見てはじめて指摘箇所でレベルオーバーしているかも?と気付く、耳で聞いてもほぼわからないレベルのもの。かなり詳細にチェックしているんですね。(この理由で落とされる話はちょくちょく聞く)
 ちょっとマスタリングで音圧を上げすぎている、あるいはアウトシーリングが高すぎてなんかの拍子に0dB超えてしまったんだろうと。

 そして水準以下って方の曲。
 これはたぶん、曲中に「悪ふざけ」の箇所があるからだろうと予想(w)。要はこの前の曲ですが、実はこれ通るかな?と半信半疑ではありました。楽曲のクオリティは多分問題ないと思うので、BGMとしてふさわしくないと判断されたということでしょう。実際、Audiostockで公開されている他の方の曲を聞くと、コミカルな曲はあっても、悪ふざけ系はなさそうなので。至極真面目な音楽が多いって印象。そしてもちろん、これはジャンク曲だなぁ、ってのが全く見当たらない(だから、品質チェックをしっかりやられているんでしょうね)。

 こういうサイトで3曲ちゃんと審査に通ったのは、やはり正直言って嬉しいですわ。
 要はここのデモ曲から選んで送ってみたわけですが、良い腕試しになりました。

 ここは新規参加すると最初は投稿枠が5曲ですが、水準以上と判断されたらすぐ50曲まで増えます。次が無制限らしい。自分も50曲になったので、そこまで挑戦してみるかという気に、今かなりなっている。3-4日で1曲のペースなら、年末までに達成できるんだよなあ。「早く高品質な曲を書くこと」の鍛錬になるしね。どうしよう、おらワクワクするぞ。